ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

柳田悠岐のトリプルスリー 過去に達成の金本知憲氏も太鼓判

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ソフトバンクを牽引する若きスラッガー・柳田悠岐の今季は「トリプルスリー(3割、30本、30盗塁)」が狙える活躍だ。果たして実現できるのか。評論家陣は揃って太鼓判を押す。

「打率と本塁打はともかく盗塁はチームの理解やバッターの協力も欠かせない。混戦だと個人記録を優先させづらいが、2位に差をつけて独走状態の今ならチームも援護しやすい。柳田にはツキもあると思います」(藤原満氏)

「達成すると思いますよ。今はプレッシャーを楽しんでいるようにすら感じる。柳田は開幕前にトリプルスリー宣言をしたが、目標を掲げて有言実行するタイプですから」(杉本正氏)

 実際にトリプルスリーを達成した経験者にも聞いた。広島時代の2000年に、30本、30盗塁、.315を記録した金本知憲氏だ。

「僕の場合はギリギリで、ほとんどマグレみたいなものでしたけどね(笑い)。30盗塁はその年だけだし、本塁打30本目は最終戦だった。最後の2試合は打席が多く回るように1番に起用してもらって何とか達成した。そのくらい難しいものなんです。狙ってできるものではないが、狙わないとできない。

 柳田は達成できると思いますが、これまで以上に厳しいところを攻められることも覚悟する必要がある。だからこれから注意しなくてはならないのはケガ。記録達成の最大の敵はケガですからね」

 そして金本氏はこうアドバイスする。

「フルスイングするのはいいことなんですよ。僕も30歳くらいまでは打席では必ずそうしていた。フルスイングするためには強い体が必要だし、そのためにはもちろん時間をかけてバットを振ることや、しっかりとしたトレーニングが必要になる。野球漬けになれるからいいと思いますよ」

※週刊ポスト2015年9月4日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
チーム牽引するSB柳田悠岐 球史を振り返っても桁違いの活躍
柳田悠岐 「穴ないので投手が甘い球を投げやすい」と評論家
柳田悠岐 目標に設定のD.オルティス写真ロッカーに貼ってた

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。