ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

4~5ヤード伸びる高反発ドライバー 大手参入で開発競争拍車

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ゴルフメーカー大手のPRGR(プロギア)が記者会見を開き、プライベートプレーでのみ使用できる高反発ドライバーへの参入を発表した。昔のように飛ばしたいと思っているシニアプレーヤーにとっては朗報だろう。世界のゴルフ・ルールを司るR&A(全英ゴルフ協会)が反発係数を抑えるルール変更に乗り出したため日本でも使用が禁止され、高反発ドライバーは使用できない“違反クラブ”となっていた。いまもそれは変わらないが、プライベートプレーでは使用できる。

 さて、気になるのは実際に高反発ドライバーを使えば何ヤード飛距離が伸びるのか、である。会見でPRGRは「あくまで参考値」としながら、「ヒューマンテストで平均4~5ヤード、中には10ヤード伸びたケースもあった」としている。

 メーカーのクラブテスターとして知られ、自身も高反発ドライバーを販売するクラブアナリストの吉村忠義氏が語る。

「非力なゴルファーほど、柔らかいシャフトのしなりとトランポリン効果の相乗効果で飛ぶ。ドライバーで200ヤードを超えなくなったゴルファーが一番恩恵を受け、飛距離の1割はさらに飛ぶようになります」

 まさにシニアのためのゴルフギアといえる。吉村氏によれば高反発はさらなる進化を続けているという。「韓国や中国、台湾といったアジア市場では日本以上に高反発の需要がある。より飛ぶドライバーに人気が集まっており、各社とも開発費をかけています。ルール適合品と同じ金型が使えるので、その分コストは安く済み、開発競争に拍車をかけています」

 低価格帯の高反発ドライバーを販売してきた『ワークスゴルフ』では、反発係数0.825(公認球は0.800以内)という非公認の飛ぶボール『飛匠』を販売、好評だという。「高反発ドライバーで飛距離が1割、さらにシャフトも合わせればプラス5ヤード、飛ぶボールでさらに15ヤード増える。トータル30ヤード伸びて、“今までは絶対に越えなかったバンカーを越えた”といった声を聞きます。

 いつも先に降りていたカートに、みんなと同じように乗れるだけでもゴルフが楽しくなったと言われます」(ワークスゴルフ)

 ただ一方で、高反発の過剰な盛り上がりを危惧する声もある。クラブ設計家の松尾好員氏はこう語る。

「ゴルフは次のリオ五輪から公式競技として認められました。元々、ゴルフは規則やマナーに非常に厳格なスポーツで、世界中の大多数のゴルファーは“規則に基づいて”プレーをしています。もちろんプライベートでの使用を制限するものではありませんが、あくまでも“違反”であることを販売店側はしっかり説明し、ユーザーも認識しておく必要があります」

 PRGRでは「適合外クラブであることは販売店やインターネット上できちんと伝え、購入時に適合品と間違わないように細心の注意を払いたい」としている。PRGRの投じた一石がシニアのゴルフライフを変えることになるだろうか。

※週刊ポスト2015年9月4日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
高反発ドライバー 高齢者のゴルフ離れを背景にニーズ高まる
違反クラブとされた高反発ゴルフドライバー 大手参入の背景
シニアゴルファーに人気の高反発クラブ 友人と楽しむ分はOK

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP