ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『極冷(ごくひえ)ボンベ』中高年の目頭を熱くする、何の飾り気もない縁日風レトロな甘みのソーダ水ドリンク!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

5DS_2069

どもの頃にお祭りの夜店で味わったような懐かしのソーダ味を再現したのがサントリーフーズ『極冷(ごくひえ)ボンベ』(490ml・希望小売価格 税抜140円・2015年8月10日発売)。昭和のソーダ感が満点のレトログルメなドリンクである。

 

何しろネーミングがボンベというところからいかがわしさ満点。キッチュな夜店的フィーリングは、昭和のタイミングで少年時代を味わった中高年の郷愁をくすぐること満点。近年、ソーダ味というとグミやキャンディーなどの世界では、酸味の強いことを表すことも多い。しかし、この『極冷(ごくひえ)ボンベ』は、本来の炭酸だよ。 というだけの意味でソーダ味を謳っているのがうれしい。

5DS_2074

甘みは果糖ぶどう糖液糖由来、そこに香料と酸味料が加わって味が作られる。グラスに注いで水色を確認したが、本当に淡いブルーの色味。甘さもほどよい感じで、実に飲みやすい。

5DS_2093

どんなに説明しようとしても、甘いソーダ水以上の表現ができないこのシンプルな味わい。炭酸もごく普通の強さ。だからこそ飾り気のない美味しさと感じてしまうのも確か。

5DS_2099

郷愁に浸りながら飲みたいのなら、縁日メニューの焼きそばやイカ焼きなどとともに楽しむのが王道だろう。きっとまだ何も悩みを抱えていなかった少年時代を思い出して、中高年なら目頭が熱くなるはずだ。ちなみにファミリーマート限定発売。

5DS_2086

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
おためし新商品ナビの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。