ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

激辛スコヴィルチキンが痛いほど辛いのに美味しい / 中華料理店『上海ブギ』

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スコヴィルチキン半羽
880円

皆さんは「スコヴィル」という単位を聞いたことがあるだろうか? 実はこれ、辛さの度合いを表す単位で、数値が高ければ高いほど、激辛ということになる。

・スコヴィルチキン
中華料理店『上海ブギ』は、美味しく食べられるギリギリの限界値まで辛くした「スコヴィルチキン」を提供しており、辛口料理が好きな人たちから好評を得ている。

・唐辛子による激辛テイスト
スコヴィルチキンはフライドチキンに独自の調理法で旨味と辛味を足したもので、サクサクカリカリな皮と、ジューシィーな肉汁を堪能できる。そして、最大の特徴が唐辛子による激辛テイストだ。

・半羽でも十分量が多い
辛いものが苦手な人向けに、1~3スコヴィルから辛さレベルを選択することができる。激辛が好きな人ならば、もちろん3スコヴィルしか選択肢はない(?)。鶏1羽を注文することもできるが、半羽でも十分量が多いので、とりあえず半羽を注文することをオススメする。

・その辛さに遠慮はない
ひとくち食べて、皮がパリッと音を出して崩れたら最後、その瞬間から激辛の嵐が襲いかかる。あとからジワジワくる辛さではなく、ストレートに即行で味覚神経に刺激がやってくる。その辛さに遠慮はない。

・不思議なことに美味い
この店は四川風の麻婆豆腐も人気だが、それでさえなかなかの辛さ。それなのに、このスコヴィルチキンはその数ランク上の辛さで襲いかかり、食べる者を「激辛」で包み込む。しかし、不思議なことに美味い。こんなにもヒーヒー言いながら食べているのに美味い。

・肉汁にのってやってくる
上質な鶏肉を使用しているのはもちろんのこと、おそらく、しっかりと肉汁を残しつつ調理しているからだと思われる。激辛エキスが肉汁にのってやってくるのだ。

もっと詳しく読む: 東京メインディッシュ http://main-dish.com/2015/08/27/sh/

上海ブギ
住所: 東京都千代田区九段南4-7-17
時間: 11:00~15:00 16:30~23:00
休日: 日祝
http://tabelog.com/tokyo/A1309/A130904/13131166/

東京メインディッシュの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP