ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【最大9連休】シルバーウィーク★同行者別みんなの旅先ランキング

DATE:
  • ガジェット通信を≫

秋の大型連休・シルバーウィーク。今年は土日祝だけでも5連休。

9月24・25日の平日を休めばなんと最大9連休で、国内旅行の予約も昨年と比べて3倍以上と絶好調!

じゃらんnetの予約状況とアンケートから、シルバーウィークに人気の旅先をランキングで紹介します♪

カップル・夫婦での人気の旅行先は?

アンケートによると、シルバーウィーク旅行の同行者は夫婦二人がトップで、特に60代は夫婦二人での旅行の割合がダントツ高い。カップル&夫婦の人気の旅行先は?

【1位】北海道 札幌エリア

広~い大地を感じられ、街歩きやグルメなど見どころが尽きない北海道「札幌」が堂々の第1位。

秋鮭やいくら、さんまなどの海の幸をはじめとする秋の味覚もまさに旬を迎える。札幌を拠点に、定山渓や支笏湖などへのドライブもおすすめだ。

昼は市街を一望し、夜は宝石箱のような夜景を楽しめる藻岩山。ロープウェイがあるので気軽に頂上まで登れる。写真を撮るなら、日没前後の時間帯がおすすめ

【2位】福岡県 福岡市(博多駅周辺・天神周辺)エリア

九州随一の繁華街のある福岡市の博多・天神周辺。JR博多駅の「JR博多シティ」は専門店や百貨店、さらに屋上庭園なども擁す国内最大級の駅ビルだ。

王道スポットの大濠公園&福岡城址など観光スポットも事欠かず、さらに夜には屋台と多彩な楽しみがあるのが魅力。 実は海にも近い博多。人気のシーサイドドライブなら海の中道へ。その名の通り海の真ん中に道が通り、水族館や公園など立ち寄りスポットも多い、ロマンチックな夕陽も見られる

【3位】愛知県 名古屋エリア

日本三大都市の1つでアクセス良好な名古屋は、金の鯱鉾の名古屋城、尾張徳川家ゆかりの徳川園など、歴史好きならずとも見逃せないスポットがいっぱい。生き物に癒されたいのなら東山動物園、名古屋港水族館へ。

味噌カツ、手羽先、ひつまぶしなど名古屋ならではのグルメも堪能したい。 三種の神器の一つ「草薙の剣」が祀られていることで知られる神社。境内には荘厳な空気が漂い、中部地方では伊勢神宮と並ぶパワースポットとの説も。街中にあり、ひつまぶしの有名店も近い

【4位】神奈川県 横浜エリア

中華街で食い倒れるもよし、まばゆいみなとみらい21の夜景を楽しむもよし。グルメ、ショッピング、名所めぐりと、幅広い楽しみ方ができるのはさすが観光都市だ。

絶叫マシーンに水族館が揃う横浜・八景島シーパラダイスはアクティブ派のカップルにおすすめ。 大観覧車をはじめとするみなとみらいエリアの夜景は、特にカップルは必見。馬車道からほど近い万国橋の眺めが抜群だ。上から見るなら、ランドマークタワーの展望台へ

【5位】大阪府 大阪駅・梅田駅・福島・淀屋橋・本町エリア

大阪府内有数の繁華街が形成されているエリア。JR、私鉄、地下鉄と交通の便もいいので、道頓堀や通天閣はもちろん海遊館やユニバーサルスタジオジャパン、さらに京都や神戸など関西旅行の拠点としても人気が高い。大阪グルメならたこ焼き、串カツをぜひ。

これぞ大阪!な道頓堀は、昼も夜も観光客で大賑わい。日本ではないような独特な雰囲気で、看板を見てるだけでも楽しい。お店をはしごして食い倒れよう!

カップル・夫婦での人気の旅行先、6位~10位は…

【6位】兵庫県神戸・有馬・明石エリア
【7位】広島県 広島・宮島エリア
【8位】東京都 銀座・日本橋・東京駅周辺エリア
【9位】東京都 お台場・汐留・新橋・品川エリア
【10位】京都府 京都駅周辺エリア

ファミリーでの人気の旅行先は?

昨年と比べると、4倍以上ともっとも高い増加だったのが、ファミリーでの宿泊予約数。学校も連休になるので、家族旅行の予定を立てやすいのが一因と考えられる。さて、人気の行き先は?

【1位】千葉県舞浜・浦安・船橋・幕張エリア

東京ディズニーリゾートを擁するエリアが文句なしの第1位。大人気のハロウィーンイベント「ディズニー・ハロウィーン」も9月8日から開催で盛り上がること必至。

近隣にはイクスピアリをはじめ三井アウトレットパーク 幕張やTOKYO-BAY LaLaportも近く、ショッピングも楽しめる。

2012年にオープンして以来、行列の絶えない東京ディズニーシーのトイ・ストーリー・マニア。朝一番で、ファストパスを狙うべし

【2位】北海道 札幌エリア

街歩きにグルメ、観光名所と見どころが多い札幌はファミリーにも人気が高い。国営滝野すずらん丘陵公園は、四季折々の花が咲き、施設も充実、1日楽しめる。

人気の旭山動物園も札幌から日帰り圏内だ。ソフトクリーム、ラーメン、とうきび(とうもろこし)など子どもが大好きな名物もいっぱい! 北海道銘菓「白い恋人」の工場見学やお菓子作り体験などができる「白い恋人パーク」はお菓子のテーマパーク。ヨーロピアンの建物も美しく、ガーデニングもきれい

【3位】栃木県 那須・板室エリア

高原リゾート、また温泉地として名高いこちらのエリアは、ファミリーフレンドリーな宿も多いことから3位にランクイン。

動物とふれあいたい幼児なら「那須どうぶつ王国」、絶叫マシン好きな小中学生なら「那須ハイランドパーク」など遊び場所も多彩。ソフトクリーム、チーズケーキなど乳製品を使ったスイーツも充実♪ 動物とのふれあいのほか、バードショー、ファームショーなど迫力満点のショーを楽しめる「那須どうぶつ王国」

【4位】福岡県 福岡市(博多駅周辺・天神周辺)エリア

イルカやアシカのショーが見られる「マリンワールド海の中道」、約160種の動物に会える「福岡市動植物園」など、子連れにうれしいスポットも数多い福岡市。

「マリノアシティ福岡」はレストラン、専門店、アウトレットなどが揃う商業施設でウォーターフロントを生かした開放的な空間。

「マリノアシティ福岡」には福岡タワーや海を望む大観覧車も。天気が良くない日でも、グルメ、ショッピングを安心して楽しめる

【5位】大分県 別府エリア

別府は九州でも有数の温泉地であるとともに、周辺には「サンリオキャラクターパーク ハーモニーランド」「スギノイパレス」「大分マリーンパレス水族館 うみたまご」といった遊び場所に事欠かないのが魅力。小学生以上なら「別府の地獄」で温泉のスゴさと神秘を体感するのもおすすめだ。

地獄めぐりのひとつ「海地獄」。美しいコバルトブルーはその名の通り海のようだが、実は98℃もある高温。温泉卵、プリンの地獄グルメもお忘れなく♪

ファミリーでの人気の旅行先、6位~10位は…

【6位】和歌山県 白浜・龍神エリア
【7位】兵庫県 神戸・有馬・明石エリア
【8位】神奈川県 横浜エリア
【9位】沖縄県 那覇エリア
【10位】北海道 洞爺・登別・苫小牧エリア

男性グループでの人気の旅行先は?

男性全体でとらえると、20代では一人旅を予定している人がもっとも多いというアンケート結果だった。

一方、男性グループの旅行先は北海道から沖縄まで、日本全国バラエティ豊かな場所がランクイン。その順位は?

【1位】北海道 札幌エリア

グルメ、レジャーをバランスよく楽しめる札幌が、ここでも1位。野球とサッカー両方の本拠地である「札幌ドーム」ではシルバーウィーク期間中にプロ野球の試合がある。展望台からの眺めは圧巻だ。

ビール好きなら「サッポロビール博物館」で学んだ後、敷地内の「サッポロビール園」へ。夜はススキノで北海道グルメを堪能。 「二条市場」には約50の店舗が集結。カニ、鮭、昆布などの海の幸、じゃがいも、とうもろこしなど大地の恵みがずらりと並ぶ。アクセスもよく海鮮丼を食べるもよし、お土産探しにもよし

【2位】福岡県 福岡市(博多駅周辺・天神周辺)エリア

西日本を代表する繁華街を擁するこちらのエリアは、飲食店の数も多く観光にも便利。博多の総鎮守といわれる「櫛田神社」には山笠の山車が飾ってあり、大きさに圧倒される。

夕方からぽつぽつと営業を始める博多名物の屋台では、博多ラーメン、餃子、おでんなど様々なものが食べられる。

仕事帰りの人と観光客でいつも賑わっている屋台。天神、中州、長浜が主な屋台スポットだ。メニュー表があるので、心配な場合は見せてもらおう

【3位】沖縄県 那覇エリア

まだまだ海水浴ができる9月の沖縄。那覇市内でさくっと泳ぐなら「波の上ビーチ」へ。ロッカーと更衣室もあり気軽にきれいな海を楽しめる。

世界遺産登録されている「首里城」では琉球王国の歴史を感じることができる。お土産探しやグルメなら、昼も夜も大にぎわいの「国際通り」へ。 那覇のメインストリート「国際通り」。土産物屋、飲食店がひしめき日本ではないようなパワーを感じられる。脇に広がる「市場本通り」「平和通り」「公設市場」などの路地めぐりも、時間を忘れる楽しさだ

【4位】神奈川県 横浜エリア

500軒以上の店が並び世界最大級といわれる横浜中華街。食べ歩き派もゆっくり食事派も楽しめる懐の深さが素晴らしい。港町らしさを感じるなら「横浜赤レンガ倉庫」へ。ベイブリッジがきれいに見えるビュースポットだ。9月21日~23日には「ジャパン・ビアフェスティバル横浜」が横浜港大さん橋ホールで開催される。

昭和のレトロな街並みを再現し、全国から選りすぐりのラーメン店が並ぶ「新横浜ラーメン博物館」。ハーフサイズを選べるので、食べ比べにもぴったりだ

【5位】東京都 お台場・汐留・新橋・品川エリア

東京のウォーターフロントであるこちらのエリア。特にお台場には「お台場海浜公園」、「ダイバーシティ東京プラザ」をはじめとする数多くのスポットがあり、1日では回りきれないほどだ。

新橋から近い築地場外市場には、新鮮な魚介類を食べられる店が並ぶ。交通の便もよく、都内観光の拠点にも。 パレットタウン内にある体験型のクルマのテーマパーク「MEGA WEB」。現行トヨタ車最大140台を展示するほか、電気自動車の自動走行運転体験コース、ドライブシュミレーションなどもあり、クルマ好きは必見だ

男性グループでの人気の旅行先、6位~10位は…

【6位】兵庫県神戸・有馬・明石エリア
【7位】神奈川県 箱根エリア
【8位】北海道 函館・大沼・松前エリア
【9位】大分県 別府エリア
【10位】沖縄県 離島エリア

女性グループでの人気の旅行先は?

アクセスがよく、ショッピングやテーマパーク、グルメに便利な都市部の人気が高い女性グループの旅行先。果たして、ランキングは…?

【1位】宮城県 仙台エリア

この時期、国民的アイドルグループAのライブが予定されていることもあり、1位となった仙台。「仙台城址」は街を一望できる高台にあり、伊達正宗の騎馬像が立つ。仙台の奥座敷と言われる「秋保温泉」は市内からバスで30分ほど。共同浴場でも温泉を楽しめる。牛タン、ずんだ餅、笹かまぼこ等、仙台グルメもお忘れなく。

7月にオープンし、仙台の新名所となった「仙台うみの杜水族館」。イルカとアシカが共演するパフォーマンス、三陸の海を表現した大水槽など見どころ満載。近くにはアウトレットも

【2位】東京都 銀座・日本橋・東京駅周辺エリア

首都・東京はエリアによって雰囲気がまったく異なり、新名所が次々に生まれる刺激的な場所。一流からB級まで食の楽しみやショッピング場所も多く、女性人気の高さも納得だ。

シルバーウィーク期間中お台場では「肉フェス」、六本木ヒルズでは「ベルギービールウィークエンド東京 2015」、日比谷公園では「日比谷オクトーバーフェスト2015」と混雑必至のグルメイベントも開催予定。 開業100周年を迎えた東京の玄関・東京駅。通過するだけではモッタイナイ!美しい「赤レンガ駅舎」やドーム天井は必見。丸ビル、KITTE、皇居など周辺は見どころも多く、銀座までのお散歩も楽しい

【3位】神奈川県 横浜エリア

港町の異国情緒と高層ビルが並ぶ近未来の風景が同居する横浜。特にみなとみらい地区には「横浜美術館」「クイーンズスクエア」「ランドマークタワー」など、観光、グルメ、ショッピングと多彩な魅力が詰まる。

横浜駅東口~山下公園を結ぶ海上交通「シーバス」は、横浜の眺めを海から楽しむのに最適。特に夜は、絵葉書のような夜景を堪能できる。 本格的な中国料理から肉まんの食べ歩きまで、食の楽しみがぎゅっと詰まった「横浜中華街」。食材や雑貨を扱う店も多く、手相占いも有名だ。散策しているうちに、あっという間に時間が過ぎてしまう

【4位】大阪府 大阪駅・梅田駅・福島・淀屋橋・本町エリア

大阪キタと言われるこちらのエリアは、空中庭園展望台がある「梅田スカイビル」、関西初出店のお店も多いJR大阪駅直結の「グランフロント大阪」、老舗デパート等、女ゴコロをくすぐるショッピングには事欠かない。便利だ。道頓堀に代表される大阪ミナミへも地下鉄で8分と大阪を満喫できる便利な場所で、京都、神戸の三都めぐりの拠点にも◎。 2棟のビルを橋渡しするように展望台が設置された独特の外観が、外国人観光客にも人気な「梅田スカイビル」。展望フロアからは大阪港に沈む夕日、都心の光などダイナミックな風景が楽しめ、特に夜景はおすすめ

【5位】福岡県 福岡市(博多駅周辺・天神周辺)エリア

運河が流れ、中央ステージで様々なイベントが行われる「キャナルシティ博多」。レストランやショップも多数あり、施設内を歩くだけでも楽しい。博多名物の「屋台」は、初心者女子が訪れるならビルが立ち並ぶ天神地区がおススメ。

学業の神様「太宰府天満宮」は福岡市内から30分ほど。その近くにある「竃戸神社」は縁結びの神様として親しまれているから足を延ばしてみたい。 9月21日~25日は神幸式大祭が行われる「太宰府天満宮」。平安時代の装束を纏った神職や氏子達が奉仕する様子は、絵巻を見るかのよう

女性グループでの人気の旅行先、6位~10位は…

【6位】東京都お台場・汐留・新橋・品川エリア
【7位】千葉県舞浜・浦安・船橋・幕張エリア
【8位】東京都お茶の水・湯島・九段・後楽園エリア
【9位】北海道札幌エリア
【10位】東京都新宿・中野・杉並・吉祥寺エリア

**********

どうですか?皆さんの行きたい場所はありましたか?

実はこの結果、夏休みの旅行先の人気ランキングとほぼ同じ。遅い夏休みをこの期間に取ろうと考えている人が多いからかもしれませんね。

予定が決まっている人もまだの人も、楽しいシルバーウィークになりますように★

関連記事リンク(外部サイト)

穴があったから入ってみた!関西・中四国の「ひんやり★洞窟探訪」厳選8穴
超贅沢!キャビアに高級抹茶…ホテルのかき氷がセレブすぎる!
【中央道】ブランド牛にスタミナ麺!個性豊かな「SA・PAグルメ」8選

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP