ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

重い過去を背負った、寄せ集めの家族。“家族”という希望を守れるか?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

『真夜中の五分前』、『ストレイヤーズ・クロニクル』と映画化が続く人気作家・本多孝好の短編小説『atHome』が映画化。

夫婦と子ども3人の森山家。いつも和気あいあいとしていて、一見なんの変哲もない幸せな家族に見えるが、父・和彦は空き巣泥棒、妻・皐月は結婚詐欺、長男・淳は偽造職人、と犯罪で生計を立てている。それもそのはず、森山一家には血のつながりはなく、それぞれが苦しい過去を背負い、偽りの名前で家族を装いながら身元がバレないように暮らしてきた他人同士だった。そんなある日、皐月の詐欺計画がばれ、彼女が誘拐されてしまう。家族を守るために、和彦はある決断を下すことに――。

和彦の決断は、家族という希望を守ることができるのか? 本物の家族のように支え合う5人の行く末とは。

at Home アットホーム
監督:蝶野 博
出演:竹野内 豊、松雪泰子、坂口健太郎、黒島結菜、池田優斗、村本大輔、千原せいじ、板尾創路/國村 隼
(2015年/日本)
公開中
©映画『at Home』製作委員会
http://athome-movie.com/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP