ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

食料廃棄の削減に!消費期限が迫る割引商品の情報をシェアするアプリ「Froodly」

DATE:
  • ガジェット通信を≫
消費期限が迫る割引商品の情報をシェアし合うスマートフォンアプリ「Froodly」

スーパーマーケットや食料品店では、生鮮食品や乳製品など、消費期限が迫る商品を割引価格で販売するケースが少なくない。

そこで、クラウドソーシングを活用し、このような割引情報を消費者間で共有しあうためのアプリ「Froodly」が誕生した。

・消費期限が近づく割引商品の情報を共有

Froodlyでは、Contributor(コントリビューター)と呼ばれる情報提供者が、消費期限が近づき、割引価格で販売されている商品を、スマートフォンで撮影し、アップロード。

Froodlyのインターフェイス画面

一般ユーザーは、Contributorからの投稿によって、割引商品の概要や販売場所、価格などの情報を、リアルタイムに近い状態で知ることができる。

Froodlyは、フィンランドのスーパーマーケットチェーン「Kスーパーマーケット」のカイサニエミ店との提携によりテスト運用を実施し、いよいよ、9月1日に初版をリリースする予定。

消費期限が近づく商品の消費率を上げることで、食料廃棄の削減につながると期待されている。

・食品廃棄物削減に向けた取り組み

近年、欧米を中心に、食料廃棄物の削減への取り組みが広がってきた。

たとえば、フランス議会では、2015年5月、大手スーパーマーケットを対象に、売れ残った食品の廃棄を禁止する法案を満場一致で可決している。

Froodlyは当面の間、ヘルシンキを拠点に、フィンランド国内の年間6500〜7500万トンもの食料廃棄物の削減に注力する方針。食料廃棄大国とも言われる日本でも、応用できそうだ。

Froodly

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。