体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【お部屋探訪】映画監督・松江哲明編

友だちの部屋に遊びに行くような感覚で、有名人の部屋に上がりこんでみたい……。そんな妄想から始まった当連載。第12回目の訪問先は、ドキュメンタリー映画監督・松江哲明さんの部屋だ。

松江哲明さんは、どんな部屋に住んでいるのだろうか?

松江哲明さんは、どんな部屋に住んでいるのだろうか?

●松江哲明

1977年、東京都生まれ。1999年、日本映画学校卒業制作作品「あんにょんキムチ」が一般公開される。同作は、山形国際ドキュメンタリー映画祭アジア千波特別賞などを受賞する。その後、「ライブテープ」「トーキョードリフター」「フラッシュバックメモリーズ 3D」などの作品を発表。2015年には、清野とおるによるマンガ「ウヒョッ! 東京都北区赤羽」をモチーフにしたドキュメンタリードラマ「山田孝之の東京都北区赤羽」の監督も務めた。

●中央線で生まれ育ち、北区へ……

02_IMG_3963

松江哲明さんは現在、東京都北区の賃貸一戸建てに、奥さんと愛猫のミーツと暮らしている。もともとは立川で生まれ、実家のある吉祥寺で23年間過ごし、その後も練馬区、中野区とJR中央線沿線に住んでいたという。なぜ、北区に引越したのだろうか?

「中央線は、東京に憧れて上京してくる人が多く、エネルギッシュな雰囲気があるんです。だけど、そういう風潮に疲れてしまい……。だから、そろそろ中央線を離れようかなと。北区にした理由は、マンガ家・清野とおるさんの影響ですね」

松江さんが雑誌で連載をする時に、以前からファンであった清野さんにイラストを依頼。それをきっかけに、北区の赤羽で朝まで飲み明かしたそうだ。その晩が楽しく、次は北区に引越そうと決めたという。

「北区は、”ダメ人間”にやさしい町だなと思いました。昭和の雰囲気がまだ残っているのも好きです。それから『東京都北区赤羽』をどうにか映像化したくて、ならば住むしかないと。映像化できた今では、清野さんに『もう用はないでしょ!』と言われるんですけれども、それでも好きで……(笑)」

●「意味のない扉や柱にワクワクしちゃう」

斜めにかけられた謎の柱がある……

斜めにかけられた謎の柱がある……

この部屋を選んだ決め手は?

「築40年ほどの物件ですが、ボロくても構わないんですよね。それよりも物が多いので、広さを重要視しています。できれば収納が、天井の高さまでしまえるような作りだといいですね」

なかなかいい物件が見つからず苦労したそうだが、この部屋を見た瞬間に、「ここだ!」と思ったそうだ。

壁にはポスターがいくつも飾られている

壁にはポスターがいくつも飾られている

「増築を重ねたようで、意味のない扉や柱を見るとワクワクしちゃうんですよ。住んできた人の歴史を感じるというか。ここは以前、おそらく下宿に使っていたのでは、と推測しています。あと見た瞬間に、ここにテレビを置こう、ポスターを貼ろうと、イメージがパッと浮かんだのも、この部屋を選んだ決め手です」

●自宅は一家団らんの場所

取材陣の突然の訪問に怯えていたミーツ。好物はかにかま
1 2次のページ
CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。