体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

警察官も感動!ロンドンで突然、洋服を脱いだ女性の「勇気」とは?

undressedgirl150825-01 undressedgirl15082002 スクリーンショット 2015-08-25 19.51.29

 「私のような摂食障害や自尊心で苦しんでいる人たちのために立っています。ありのままを受け入れてくれるのなら、身体にハート(♡)を描いてください」

1枚のサインボードに書かれたメッセージ。これは、ある奇跡の瞬間を映した社会実験動画です。ロンドンの繁華街で、多くの人々が行き交うなか、街角に立つ一人の女性。意を決したように、彼女は洋服を脱ぎはじめました。

スクリーンショット 2015-08-25 20.02.18

脱いだ服が地面に落ちた。目隠しをつけると、一瞬、大気をかき混ぜたような混乱を感じた私。最悪のシナリオが頭の中をよぎる。このチャレンジが失敗に終わり、ただ嘲笑にさらされる下着姿の私。

スクリーンショット 2015-08-25 19.51.23

日曜日のランチタイム、ピカデリーサーカス。無数の人々のおしゃべりが聞こえてくる。それがすべて自分に向いているような、恐怖感が襲ってくる。下着姿になった私は、どうしようもない脆さから、自分自身を救い出す術がなかった。自由への船出のためとは言え、まったく個人的な理由から、観光客や休日を楽しむ家族に、私の下着姿が不快に思われないか…そればかりを心配していたのかもしれない。

スクリーンショット 2015-08-25 19.48.23

まるで数分が永遠のように感じた。普通、こういった社会実験の場合、数人がさくらとなって、見物人の中に紛れ込むもの。でも、それはテレビの中だけの世界だということを私は知っている。
「与えられた身体に感謝し、自分自身を愛し好きになること」それがどんなに大切なことなのかを、小さい頃、父からよく言い聞かされていた。もし、私の身体がハートで満たされたなら、そのとき、きっとこの世界で多くの人が抱えている同じ悩みをもっと深く理解できるはず。私たちは子供の頃からみんな、とっても個性的でキレイだってことを。そしたら、もっと世界は違って見えるはずだ。

スクリーンショット 2015-08-25 19.52.01
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy