ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

どこまでが「新築」か?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Q.

 好景気を背景に、昨今多くのマンションが販売されています。中には売れ残り物件もチラホラ。物件Xは、完成後1年2ヶ月が経過していますが、いまだ買い手がつかず、誰も住んだことのないマンション(一部屋)です。

 さて、この物件Xは不動産の広告上では「新築」となるでしょうか?それとも「中古」となるでしょうか?

(1)新築
(2)中古

A.

正解(2)中古

 正解は中古です。
 公正取引委員会の告示による「不動産の表示に関する公正競争規約」には、特定用語の使用基準という項目があります。このなかで、新築とは、「建築後1年未満であって、居住の用に供されたことがないものをいう」(18条)とされています。

 人が住んだことがないとはいえ、1年以上経過しているため「新築」とは表記できなくなります。

元記事

どこまでが「新築」か?

関連情報

理事長の独断で管理規約を改定できる?(なっとく法律相談)
『女性しか入居できない』という規約は有効ですか?(なっとく法律相談)
多数決で「ペット禁止」の使用細則を変更できる?(なっとく法律相談)

法、納得!どっとこむの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP