ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

村井邦彦×高橋幸宏がユーミンからYMOまで語る「ERIS」第12号9/3発行

DATE:
  • ガジェット通信を≫

9月3日に発行となる無料の電子書籍版音楽雑誌「ERIS/エリス」第12号では、巻頭に「村井邦彦×高橋幸宏」と「町山智浩×萩原健太」の2つの顔合わせによる対談を掲載する。

「村井邦彦×高橋幸宏」対談。作曲家で伝説のレーベルの創始者でもある村井邦彦と日本を代表する名ドラマーで音楽家の高橋幸宏がJ-POPの原点となったアルファミュージックの70年代、ユーミンからYMOまで、その濃密な時代を回想する。

2人で話すのはこれが初めて。9月27日・28日に行われる注目のイベントALFA MUSIC LIVEに向けて興味深い話が満載。イベントにはかつてアルファに在籍した荒井由実、細野晴臣、高橋幸宏、赤い鳥、雪村いづみや伝説的なティン・パン・アレー復活など素晴らしいアーティストが、村井邦彦の70歳を祝して一度限りの集結をする。

「町山智浩×萩原健太」対談。米国に在住して活躍中の映画評論家の町山智浩と本誌編集長・音楽評論家の萩原健太が、ブライアン・ウィルソンの半生を描いた話題の映画『ラブ&マーシー』を中心に、興味深い音楽&映画の表と裏をスカイプを通して語りつくす。音楽ファンも映画マニアも納得の楽しい対談となっている。

好評連載のモア・ザン・ライナーノーツは初登場の浜野サトルが、元セメントミキサーズ~つれれこ社中の鈴木常吉「望郷」を取り上げる。編集長の萩原健太が多大な影響を受けたという音楽評論家・浜野サトル。“これぞホンモノ”のCDライナーノーツを満喫しよう。

雑誌情報

「ERIS/エリス」第12号
2015年9月3日ウェブサービス(「BCCKS」にて発行(季刊年4回発行、2012年創刊)

関連リンク

音楽雑誌「エリス」http://erismedia.jp

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP