体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

これ便利!ブレスレットとして携帯できるBluetoothイヤホン「HELIX」

HELIX2

外出中にスマートフォンで音楽を聴こうとして、肝心のイヤホンを持っていなかった!という経験はないだろうか。

あるいは、イヤホンのケーブルがバッグの中で絡まってカオスになっていた、なんてことも。

そんな事態を回避できるのが、Bluetoothイヤホン「HELIX」だ。

・イヤホンとコントローラーを収納

HELIXの特徴は、ブレスレットの中にイヤホンが収納され、使用しないときはブレスレットとして手首につけて持ち運べることにある。

HELIX4

使いたいときはブレスレットの先端部分を開いて、イヤホンとコントローラーを取り出す。

イヤホンからコントローラーまではケーブルでつながっていて、イヤホンを耳にさすと、顎下あたりにコントローラーがくるくらいの長さだ。

・最大8つのデバイスとペアリング

スマホとはBluetoothで連携し、音楽をスキップしたり音量を調整したりしたいときは、コントローラーで。また、コールをとって通話するのにも使える。

そしてスマホ以外にもミュージックプレイヤーにも対応し、最大8つのデバイスとペアリングできる。

HELIX

・Kickstarterで119ドルから

至ってシンプルなつくりだが、“ウェアラブル”であり、しかもブレスレットとしてなかなかおしゃれなデザインになっているのもポイント。

見た目にはイヤホンが隠されていることはまずわからない。

利便性とファッション性を兼ね備えたこのイヤホン、クラウドファンディングサイトKickstarterで119ドルからとなっている。

目標額はすでに達成したので商品化はほぼ確実。出資期限は9月18日で、12月ごろの発送を予定している。

Kickstarter(HELIX)

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。