ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本では高くても海外ではお得なものが意外とたくさん!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Photo credit: acco 「Chiangmai 2015

TRiPORTライターのAnnaです。
日本では高いけれど、海外ではお買い得のものが意外とたくさんあります。例えば、おそらく大好きな人も多いであろうエビ。日本に出回っているエビは、東南アジアの国からきていることも多く、現地ではかなり安いものなのです。ですから、インドネシアやタイ、ベトナムあたりで食べるには、かなり安く入手でき、レストランでもかなりリーズナブル。その安さにテンションが上がってついついたくさん頼んでしまいそうです。ナシゴレンやパッタイ、トムヤムクンなどにも使われていますが、庶民的な価格であり、贅沢に思う存分食べることができるでしょう。

バナナもフィリピンでは日本と比べ物にならないくらい安いです。日本でも数本で100円程度と、そこまで高値ではありませんが、価格の相場が違うので、フィリピンに住む人が日本にきて、その価格に驚くこともあるのだとか。全体的な食品の相場、つまり物価というのは、東南アジアと日本では違うので、日本では高級とされるものでも現地産のものは驚くくらい安いことがあります。普段食べられないものを海外でまとめて食べるのもいいかもしれません(お腹を壊さない程度に…)。

日本より安いサービス

次に、食べ物ではなく、サービスの料金体系の違いについて考えてみましょう。日本ではマッサージをしてもらうと1時間や30分単位で料金を支払うケースがほとんど。マッサージ箇所によっても違うのですが、1時間あたり3000円から6000円くらいが相場と言えるでしょう。

しかし、海外の国では、日本とは比べものにならないくらいの格安料金で、マッサージを受けられることがあります。タイヤベトナムでは1時間あたり500円から800円程度、台湾や中国でも半値程度の料金で現地の本格マッサージを受けることができます。特に現地人が通うような観光客向けでない店舗では、かなり安くサービスの提供をしてもらえることもあるのです。

しかしながら、現地の言葉が通じなかったり、日本人とわかると設定料金を値上げされてしまうこともあるようです。また海外ではチップ渡す習慣のある地域もあるので、そういった手間やお金がかかることを心得ておくといいでしょう。旅行には多かれ少なかれお金がかかります。お得な食べ物やサービスで節約してみてはいかがでしょうか。

ライター:Anna Shimizu
Photo by: acco 「Chiangmai 2015

関連旅行記はこちら

*Midori Ariyoshi「ベトナムでお腹いっぱい食べ、カンボジアで目いっぱい見る
*acco 「Chiangmai 2015
*Asami Yamada「贅沢に旅しよう!プーケットで最高級リゾートに泊まってみた

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP