ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

橋田壽賀子 引退報道を一蹴する一方で「終活」に一区切りつく

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「今のテレビドラマ見てて書きたいと思わなくなりましたね。もう私の時代じゃないなっていう気はしていますね。(若い)俳優さんも知らないし…。何でもないホームドラマは生きられない時代になった気がするんですよね。だったら、もうやめてもいいなっていう気がします」

 8月20日に放送された『ノンストップ!』(フジテレビ系)のインタビューでそう語った橋田壽賀子さん(90才)。これを受けて、スポーツ紙など多くのマスコミが「引退」と報じた。しかし、本人はそれを一蹴しているという。

「橋田さんはホームドラマがウケない今の時代について話しただけで、あんな形で報じられるとは思ってみなかったそうです。本人はいたって意欲的で、周囲には“まだまだ書き続ける”と宣言しているそうですよ」(テレビ局関係者)

 今年5月10日に卒寿を迎えた橋田さんだが、体もまったく不安はない。現在も週に3回はジムでトレーニングし、週に1~2回はプールで1km泳ぐ。旅好きで、すでに4度も世界一周を経験しているほどだ。

 年齢をまったく感じさせない橋田さんだが、昨年から「終活ノート」をつけ、終い支度を始めていることを本誌に明かしてくれた。

「今年2月に放送された『渡る世間は鬼ばかり』(TBS系)の原稿を書き終えて、大好きな旅行も我慢して終活に打ち込んできました。その甲斐あって、ようやく一区切りつけることができました」(橋田さん)

 1966年5月10日、自身の41才の誕生日に当時TBSのプロデューサーだった岩崎嘉一さん(享年60)と結婚。しかし、1989年に岩崎さんはがんで他界してしまう。

「子供もおりませんし天涯孤独の身ですから、心残りないように死にたいというのが終活を始めたきっかけでした。“橋田壽賀子の家はゴミ屋敷だった”なんて、死後に言われたくはないですからね」(橋田さん)

 そんな彼女がまず取り組んだのが、身の回りの整理だった。脚本のための膨大な資料や手紙に写真、ビデオなどどこから手をつけていいのかもわからない状態だったという。

「ビデオは業者にお願いして、すべてDVDに焼き直してもらいました。これだけで1部屋分ほどあったビデオが段ボール箱1個に収まりました。次に写真。たくさんあって苦労しましたが、とにかく年代順に並べ直しました。昔を思い出して笑ったり、しみじみしたり…。これは楽しい作業でしたね。

 手紙の整理は、1通ずつ封書から出して、年代順にどなたからもらったものか、一覧してわかるようにしました。

 この作業も心のこもったたくさんのお手紙を頂戴していることを改めて知ることができて、胸が熱くなりましたね。浜木綿子さんや、もう亡くなってしまった杉村春子さん、森光子さんといったかたがたからのお手紙は私の大切な宝物です」

 また着なくなった洋服や使わなくなったバッグなどはリサイクル業者に引き取ってもらい、その額は50万円を超えたという。

※女性セブン2015年9月10日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
『渡鬼』えなりかずき結婚問題でプロデューサーと脚本家激論
89才橋田壽賀子 背泳ぎで800m、クロールで200mの計1kmを泳ぐ
泉ピン子 えなりかずきの人気を一時期ひがんでいた

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP