体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【パリッコ】ホッピーにも“生”はある! 立石の「秀」で3種の生ホッピーを堪能

f:id:Meshi2_IB:20150730114651j:plain

第4回:ホッピーにも“生”はある! 立石の「秀」で3種の生ホッピーを堪能

こんにちは、パリッコです。今回も調査という名の飲み歩き活動にいそしんでいきたいと思います。
関東の大衆酒場ではおなじみのお酒に「ホッピー」というものがあります。これ、簡単に説明すると、終戦から3年後の1948年に、当時高級品だったビールの代替品として開発されたノンアルコール飲料のこと(厳密にはアルコール度数0.8%)。これで焼酎を割る飲み方が庶民の間で爆発的に広まり、今も根強い人気を誇っています。現在はビールの代わりというよりは“ホッピーという飲み物”として楽しんでいる方が多いようですね。
喉ごしはビールに似た爽快感があり、それでいてスッキリとして飲み飽きせず、自分で割るのでアルコール度数の調節も可能という、いいことだらけの愛すべき存在。サービスの良いお店だと、ジョッキに8分目くらいの焼酎(ナカ)とビン入りのホッピー(ソト)が「ホッピーセット」として出てきて、1本のホッピーで追加焼酎のおかわりが3回くらいできちゃったりすることもあり、これを“ソトイチナカサン”と呼んだりしますね。

f:id:Meshi2_Writer:20150730110218j:plain f:id:Meshi2_Writer:20150730110228j:plain

で、そんなホッピーにも、ビールと同じように“生”が存在します。ホッピーの生とは一体どんなものなのか!? 今回は、生ホッピーが味わえる数少ないお店の中から、飲兵衛の聖地ともいえる「立石」にある名店「秀(ひで)」さんにおじゃまし、その魅惑の味を堪能しつくしてきたいと思います!

「生」は瓶と比べても爽快感が別次元!

f:id:Meshi2_Writer:20150730110309j:plain

はい、着きました。「ホッピー」「ホッピー」「ホッピー」「ホッピー」「ホッピー」と、店頭のちょうちんも完全にホッピー押し! 喉が鳴ります。

f:id:Meshi2_Writer:20150730110318j:plain

店内はこんな感じ。カウンターが数席にテーブルが数席。ピカピカに磨かれた清潔で心地よい空間です。

f:id:Meshi2_Writer:20150730110326j:plain

壁にはこのように

1 2 3 4 5 6次のページ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。