ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

エド・シーラン、自身のレーベル“Gingerbread Man Records”について語る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今週、自身のレコード・レーベル“Gingerbread Man Records(ジンジャーブレッド・マン・レコード)”を立ち上げたエド・シーランが、それに伴いYouTubeチャンネルを開設した。

 同チャンネルに解説映像をあげたシーランは、「僕が契約したアーティスト達のビデオをここに投稿していくから、登録しておいてね」とコメント。そこにはジンジャーブレッド・マン・レコードと契約した最初のアーティスト、ジェイミー・ローソン(Jamie Lawson)のビデオ・リンクも貼られている。(ローソンは今年初めにシーランとツアーをまわっていた)

 また、シーランは契約アーティスト達について、「みんな気に入ってくれるといいな。僕も大好きになると思う」と話すと共に、「僕たちがみんなと関わっていく別手段になると思うから、グッド!やチャンネル登録を頼むよ。僕らが出すもの全部を楽しんで欲しいね!」と加えている。

◎Welcome to Gingerbread Man Records…
https://www.youtube.com/watch?v=ZF30ngvLEJ8

関連記事リンク(外部サイト)

カーリー・レイ・ジェプセンが快挙! 11週目の1位で国内洋楽チャート1位最長記録を達成
ホーランが真相をツイート! ワン・ダイレクション活動停止の噂へ
ニール・ヤングが自身の音楽配信サービス“Pono”について説明

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP