ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

新垣結衣主演ドラマ原作 西尾維新『掟上今日子の挑戦状』シリーズ最高2位獲得

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今週発表の最新オリコン週間“本”ランキング(集計期間:8/17~8/23)総合部門にあたるBOOK部門で、人気作家・西尾維新のミステリー『忘却探偵シリーズ』第3弾『掟上今日子の挑戦状』が週間売上2.2万部で、同シリーズ最高となる2位にランクインした。

 女優・新垣結衣の主演で、10月スタートの日本テレビ系ドラマ『掟上今日子の備忘録』の原作となる『忘却探偵シリーズ』。最新刊の本作『~ 挑戦状』は、1作目『~ 備忘録』(2014年10月発売)が2014/10/27付で記録した4位を上回り、シリーズ初のTOP3入りを果たした。

 本作は、アニメ化もされた『化物語』をはじめとする<物語>シリーズなどのヒットで知られる西尾が、眠るたびに記憶を失う名探偵・掟上今日子の活躍を描いたミステリー小説。放映が近づく実写版への関心の高まりとともに、シリーズ全体でさらに売上部数、順位を上げていきそうだ。

 そのほかBOOK部門では、週間1.6万部を売り上げた『身近な人が亡くなった後の手続のすべて』(司法書士:児島明日美、税理士:福田真弓、社会保険労務士:酒井明日子/自由国民社/2014年12月発売)が先週付17位から6位に上昇し、ランキング登場16週目で初のTOP10入りとなった。

 コミック部門では、寺嶋裕二の『ダイヤのA』最新47巻(講談社/8月17日発売)が、シリーズ最高週間売上部数の22.6万部で3位となり、ひぐちアサの『おおきく振りかぶって』最新25巻(講談社/8月21日発売)も週間売上12.7万部で6位にランクイン。今夏の【第97回全国高校野球選手権大会】の興奮さめやらぬ中、人気高校野球漫画2作が上位を獲得した。

関連記事リンク(外部サイト)

新垣結衣、太古生物と“触れ合い”ペットにするなら「ジュラマイア」
アンジェラ・アキ 映画『くちびるに歌を』新垣結衣と合唱部キャストに手紙サプライズ
新垣結衣主演映画『くちびるに歌を』初日舞台挨拶で「私も辛くなったらこの映画を観て勇気を貰いたい」

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。