ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

BABYMETAL 英国ウェンブリーアリーナ単独公演開催決定 歓喜のメンバーコメント到着

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2回目となるワールドツアー【BABYMETAL WORLD TOUR 2015】を開催中のメタルダンスユニット BABYMETAL。2016年4月2日 イギリスのウェンブリーアリーナでワンマンライブを行うことが決定した。

 ウェンブリーアリーナはイギリス・ロンドンに1934年に建設された、約1万2千人を収容する世界的にも有名なアリーナ。過去には、ザ・ビートルズ、ザ・ローリング・ストーンズ、ピンク・フロイド、グレイトフル・デッド、U2、マドンナ、アイアン・メイデン、ジューダス・プリースト、モーターヘッド、メタリカ、メガデス、スリップノット、システム・オブ・ア・ダウン、ブリング・ミー・ザ・ホライズン、ブレット・フォー・マイ・ヴァレンタインなど数多くのアーティストがライブを行ってきた歴史のある会場だ。

 今週末、29日にはイギリス・レディング、30日には同・リーズにて行われる大型野外ロックフェスティバル【レディング・アンド・リーズ・フェスティバル】のメインステージに出演することが決定しているBABYMETAL。昨年には、O2 Brixton Academyで海外の単独公演としては最大となる5,000人を動員し、今年に入ってイギリスの音楽誌『KERRAG!』、メタル誌『METAL HAMMER』それぞれのアワードでも日本人アーティストして初受賞するなど、注目度がより高まっている中での今回の発表となった。

 ウェンブリーアリーナでのワンマンライブ開催決定を受けて、BABYMETALのメンバーは「とても驚きました。国、性別、年齢を超えてたくさんの人にBABYMETALの音楽とパフォーマンスを知ってもらえる機会が出来てとても嬉しいです。」(MOAMETAL)、「どんなことも乗り越えられるように、もっと努力しようと思いました。」(YUIMETAL)、「正直まだ信じられません!でも、またイギリスでライブができることを今から楽しみにしています!」(SU-METAL)とそれぞれコメントしている。

 また、YouTubeのBABYMETALオフィシャルチャンネルでは、BABYMETALにとって初めてのイギリスでのライブでもあり、メインステージに出場し約6万人の観衆を集めたイギリスの大型ロックフェスティバル【Sonisphere Festival UK】で披露した「イジメ、ダメ、ゼッタイ」のライブ映像(http://youtu.be/Ro-_cbfdrYE)が公開されている。

関連記事リンク(外部サイト)

BABYMETAL、英・METAL HAMMER誌の表紙を飾る初めての日本人アーティストとして登場
BABYMETAL、ワールドツアー日本公演で幕張メッセが熱狂!
BABYMETAL、英メタル雑誌『METAL HAMMER』主催アワードも受賞 ドラゴンフォースとも共演

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP