ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

トニー賞受賞演出家ジュリー・テイモアが贈る【夏の夜の夢】劇場公開決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2014年、ニューヨーク・ブルックリンにある Theatre for a New Audience (TFANA)で上演され、即完売となった大ヒット舞台【夏の夜の夢】が11月13日より劇場公開されることが決定した。

 本作は独創性溢れる演出で観客を魅了した舞台を、トニー賞受賞演出家ジュリー・テイモアをはじめ、『ウルフ・オブ・ウォールストリート』の撮影監督ロドリゴ・プリエトやアカデミー賞受賞作曲家エリオット・ゴールデン サールら豪華なスタッフ・キャストが、映画としても見応えのある作品に仕上げている。2014年にトロント国際映画祭でプレミア上映され、批評家たちの賞賛を浴びた。

 映画化にあたり、生の舞台を複数のカメラで撮影するだけでなく、配置をコントロールできるように撮影日を数日追加し、動くカメラとステディカムを駆使して舞台上のエネルギーやダイナミックさを余すことなくとらえ、生の舞台で観客の目が届かないシーンを収めている。映画としてスクリーンに蘇る舞台は、登場人物たちの心を深く捉え、感情を揺さぶられる作品になっており、映画版だからこそ味わえる、テイモアの魅惑の世界を是非堪能してほしい。

◎作品基本情報
夏の夜の夢
原題:A MIDSUMMER NIGHT’S DREAM
尺:148 分
言語:英語(日本語字幕付)
製作国:アメリカ
公開情報 HP: http://www.culture-ville.jp

◎公開情報
2015年11月13日(金)から
TOHOシネマズ日本橋、大阪ステーションシティシネマ
2015 年 11 月 20 日(金)から
吉祥寺オデヲン
その他、全国順次公開予定

料金: 一律 3,000 円 学生 2,500 円

関連記事リンク(外部サイト)

ジョス・ストーン 来日記念特集
アラニス・モリセットが摂食障害に悩んでいることを告白
ザ・リバティーンズ 11年ぶりのニューAL『リバティーンズ再臨』から新曲を2曲公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP