ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「恋愛したくない」と言う男性の言葉はウソ? ホント?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「もしかしたら私たち、イイ感じになってるかも」と思っていた矢先に、「恋愛したくない。過去に傷ついたから」「恋愛したくない。仕事が忙しいから」。
こんな風に言われたら「そうなのか……」とガッカリしちゃいますよね。なぜこんな言葉を使うのでしょう。
今回は、仲がいい癖にこんな風に言ってくる男性の本心をお教えします。

女性ががんばってくれると思っている

男性の経験値が高い場合、この言葉を出せばナイーブな自分を演出できるとわかっていて言っていることがあります。そう言われれば、女性のほうが「私ががんばらないと」という気になりますよね。
男性としては、そのほうが楽だし責任も軽くて済みます。たとえばこちらが「忙しい」と言えば、同じように彼も「こっちも忙しいよ~」と返してくるなど、女性がどんな反応をするか様子を見ています。
同じテンションで接近してくるようなら、少しだけ積極的になってみましょう。

言いづらいだけで、お断りの意味

女性のテンションが鬱陶しかったり、好みの女性でない場合、同じ職場やコミュニティにいてはっきり断れないとき、こう言っておけば自分が悪者になるのを避けられます
メールやLINEを送っても返事がなかったり、反応が適当など、女性側から積極的に近づけば離れていくようなら、進展は諦めましょう。

興味はあっても、縛られた恋愛はしたくないだけ

あまり恋愛に興味がなく、恋愛の優先順位が低い場合。ほかに熱中するものがあるときは率先して恋愛したくありません。
また、恋愛に興味はあるけれど自由でいたい場合は、縛られない恋愛=「軽いつきあいならいいよ」ということでしょう。
自由でいたい場合、こちらの誘いに「いいよ」とOKをしてくれても、理由をつけてなかなか実現しないなど、接近すると若干離れていくでしょう。

言葉通りの意味ではない

この「恋愛したくない」は、ズルい男にとってメチャクチャ使えるセリフです。だからほぼウソ……というより「(縛られた)恋愛はしたくない」という意味なのです。
裏を返せば、自分ががんばりたくないから女性にがんばらせるための演出、「草食系ぶっている」のです。がんばることが好きな女性は、草食系ぶっている彼にノッてあげるのもいいかもしれません。
もちろん、本当に傷ついて言っているときもあります。その場合は彼の傷ついた恋愛話をよく聞くことが大事。接近し、向こうの様子を見る。まずは、3つのパターンの内のどれなのか、近づいて判断することが必要です。
image via Shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク
男性の「なんで俺、彼女できないんだと思う?」にドキドキさせる返答
もう一度彼にときめきたい! 「キュン」を取り戻すショック療法
思わず恋しそうになる女の子からの相談

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP