ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

圧巻!ロンドンの人気観光スポットに巨大な“白い風船雲”が登場!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

8月27日から9月27日までの1ヶ月間、ロンドンのコヴェント・ガーデンにて公開される最新エキシビションは、10万個の巨大風船が、19世紀築の歴史ある建物に溶け込む、美しいアート作品。

この作品を手掛けたのは、フランスの有名アーティストCharles Petillon氏。

今作は、Petillon氏にとって初のパブリック・アート作品であり、海外進出作になるそう。

コヴェント・ガーデン名物のサウスホールが、全長54m、幅12mの真っ白なバルーンで飾られるさまは圧巻。

またこのバルーンに光が灯されると、さらに幻想的でロマンティックなムードになるそう。

優しく点滅する光は、17世紀の再開発以降、ロンドン住民の食料市場として発展を遂げた、“エネルギー”と“ダイナミックさ”溢れる、この地の“鼓動”をイメージ。

この時期ロンドンを訪れるなら、マストで立ち寄りたいこちらのスポット。

そのときは、同じ建物の一角にある「ロイヤル・オペラハウス・アーケード」のピッツェリアにあるポップアップギャラリーも忘れずに。

こちらは、Petillon氏の過去の作品が、同時展示される予定だ。

またこのエリアは居心地の良いカフェも多いので、秋のロンドン散歩の途中、ぜひ足を運んでみて!

COVENT GARDEN
http://www.coventgardenlondonuk.com/

アート(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP