ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「苦しんでる人に届けたい」24時間TV出演難病少年の自作絵本

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「いろんなかたに、“感動した”って言ってもらえました。あの子も喜んでましたよ“ぼくも、みんなに勇気を与えられたのかなぁ”って…」

 そう言って目を細めるのは、長野県箕輪町に住む山田倫太郎くん(13才)の母親のこづえさんだ。

 生まれつき心臓の左心室と右心室が分離していない「フォンタン術後症候群」という、1万4000人に1人という難病を抱えて生まれてきた倫太郎くんは、8月23日、『24時間テレビ』(日本テレビ系)に出演し、こう訴えた。

「ぼくは、半分死んだ状態で生まれました。多くの人々に支えられて、今の自分があります。自分の命を大切にしてください。そうすれば、他人も大切にすることができます」

 不整脈、肝硬変など全身の臓器障害を抱え、どこに行くにも酸素吸入器が手放せない倫太郎くんの“命の言葉”に、スタジオは涙に包まれた。放送翌日、女性セブンが倫太郎くんの自宅を訪れると、こづえさんと父親の浩隆さんが取材に応じてくれた。

 難病を抱えながら、倫太郎くんは明るく前を向いて生きている。その明るさはどこからくるのか。そんな問いに、浩隆さんはこう語った。

「いろんな人に聞かれるんですけど、私も不思議なんですよね。周りの人に恵まれていたからかな…。あとは、息子には夢中になれる趣味があるからでしょうね」

 テレビには映らなかったが、闘病を続ける倫太郎くんには、昔から何よりも大切な時間があるのだという。

「絵本を描くことです。それも、帯や作者紹介、あとがきなんかも全部書いて、製本までするんです。日本書紀とか歴史や神話ものが大好きで、昔から絵本の読み聞かせもよくしていたんですが、その時から作者紹介とかも全部読ませられて、不思議なこだわりがありました(笑い)」(浩隆さん)

 妖精や野菜が旅をしたり、病院の検査の不安から子供を助けるためにヒーローがやってきたり…。そんな絵本はすでに9冊になる。

「最近は、パソコンのワードが使えるようになって、小説なんかも書いています。創作活動が生きがいになっているみたいですね。“同じように苦しんでいる人たちに、自分の作品を届けたいんだ”って…。本当に、やさしい子なんです」

 そう語る浩隆さんは、倫太郎くんが5年前に書いたある作品を教えてくれた。それは、弟(5才)が母親のお腹の中にいる時に綴ったこんな詩だった。

《兄弟ができた どんな名前にしようかな ぼくは心臓が悪いから 今度こそ健康に生まれてきてほしい ぼくより長生きしてほしい 兄弟は支え合ったり 時にはけんかしたりきずなを深めあえるもの》

※女性セブン2015年9月10日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
息子が元チームメートの清原氏と清宮氏 対照的なサポート法
悩まないタイプの堺雅人 人から相談されることもないと語る
震災から3年経過 石巻市で被災した少年の身長が20cm伸びた

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP