ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

男達よ、新『ロッキー』シリーズの誕生だ!ロッキーが親友・アポロの息子を育てる!映画『クリード(原題)』12月日本公開決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

シルベスター・スタローン主演の『クリード(原題)』が、12月23日に日本で公開されることが決定した。

『クリード(原題)』は、全世界大ヒットの『ロッキー』シリーズの新たな一章を描き、その伝説的なキャラクターのロッキー役を、シルベスター・スタローンが主演する。新たなる伝説の鍵となるのは、ロッキーの永遠のライバルで盟友でもあった、アポロ・クリードの息子、アドニス・ジョンソンで、ロッキーは彼のセコンドをつとめる。アドニスを演じるのは、『フルートベール駅で』の鮮烈な演技が高く評価されたマイケル・B・ジョーダンだ。

アドニス・ジョンソン(ジョーダン)は、世界的に有名なボクシングのヘビー級チャンピオンだった父アポロ・クリードのことを何も知らない。彼が生まれる前に死んでしまったからだ。それでも、アドニスには明らかにボクシングの才能が受け継がれている。
そして彼は、父の伝説的な戦いの地フィラデルフィアへ向かう。そこで亡き父は、タフな無名のボクサー、ロッキー・バルボアと死闘を繰り広げたのだ。フィラデルフィアへ着いたアドニスは、そのロッキー(スタローン)を捜し出し、トレーナーになってくれと頼む。ボクシングからは完全に手を引いたと断りつつも、ロッキーは、かつての宿敵であり、のちに親友となったアポロと同じ強さと決意をアドニスの中に見いだす。そしてロッキーはトレーナーを引き受け、若いボクサーを鍛え始めるロッキーを味方につけたアドニスは、まもなくタイトル戦への切符を手に入れるのだが・・・

監督は、『フルートベール駅で』で数多くの賞に輝いた新進気鋭のライアン・クーグラー。ライアンはシルベスター・スタローン脚本の『ロッキー』シリーズのキャラクターに基づき、脚本を書いた。また、ボクシングのチャンピオン、”プリティ”・リッキー・コンラン役で、ABA(イングランド/アマチュア・ボクシング協会)ヘビー級チャンピオンに3度輝き、現在はプロ・ボクサーのアンソニー・ベリューが出演している。

https://youtu.be/Uv554B7YHk4

シルベスター・スタローンが放つ新たな伝説『クリード(原題)』は、12月23日より日本公開
(C)2015 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. AND WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

■参照リンク
『クリード(原題)』公式サイト
https://warnerbros.co.jp/movies/

関連記事リンク(外部サイト)

『テラフォーマーズ』の全長21メートルの巨大漫画が新宿駅で公開され話題に 既に1万人以上の通行人が目撃
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』凶暴アライグマ、ロケット・ラクーンの謎が明らかに!
モデルに女優に大活躍!山本美月ちゃんに直撃 働く男子に優しくエールをくれたぞ
「ミニオンズ」に勝った超絶バカ映画が日本来襲!ハングオーバーのバカ眼鏡野郎が主演だぞ
【閲覧注意】映画『マッドマックス』からヤバすぎる未公開シーンが公開!【動画】

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP