体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

嫌いな同僚から離れて「ポジティブ」に働くには?

生活・趣味

となりの席の同僚が、いつもイライラしてるせいで、こっちまでなぜか腹が立ってきた…。一緒に働くメンバーって大事ですが、一方で選ぶことができないという事情も。
米・webサイト「Spirit Science and Metaphysics」に、そんな人に向けた記事が掲載されていました。これは試してみる価値アリ、です!

嫌いな同僚から離れて「ポジティブ」に働くには?

By Jesse Herman and Steven Bancarz|

共感や同情は、他人の感情を認識して感じ取り、哀れみを感じたりする能力。「エンパス」という言葉も知られていますが、環境からの影響に悩まされ苦しんでしまう多感な人のことをいいます。

あなたもネガティブな人間と同じ部屋にいれば、彼らのエネルギーがいかに毒を持っているかがわかるはず。ここでは、そういう人々のエネルギーに左右されないための素晴らしい精神的なスキルを5つ紹介します。

01.
「全員満足させる」
なんて不可能だと知ろう

もしも嫌がらせされたり、苦情を言われたり、侮辱された時は、理解してもらおうと努力するのはやめましょう。あなたのエネルギーが吸い取られてしまうだけです。しかも、彼らのあなたへの意見に縛られてしまうことも。みんながみんなあなたを好きになるなんてことはありません。地球上の誰もが、それぞれ違う目的で生活しています。

まずは自分自身を愛すること。そうすることで自然に他人の意見に左右されないためのバリアをはることができます。もう一つ覚えておいて欲しいのは、すべての人の意識を変えたり操作することは出来ないということ。

彼らを変えようとしてはいけません。エネルギーをそんな人々のために使うべきではありません。

02.
誰と時間を過ごすのか
よく考えて

あなたの体や心、生活に誰を招いていますか?誰でも歓迎していませんか?家に入ってもらう時には、ちゃんと靴を脱いでもらわないといけません。泥だらけの足で、心の中に入って来られてもいいんですか?

ブラジルには「folgado」というスラングがあります。これは直訳すると「だらしない」とか「めんどくさがり」という意味がありますが本当は「乞食」のようなニュアンスで使われています。生活に根付いた言葉のため、正確に変換する言葉は見つかりませんが、誰かにパンを一片与えたとして、きっとそういう人々は翌日もあなたにパンをねだるでしょう。もしも週末に家に泊めたら、もう1週間いようとするでしょう(もしかしたら2週間かも!)。

1 2 3次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会