体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

動く弘前城を見るならここもオススメ! 弘前市観光スポット&B級グルメベスト3

ねぷた村展示

城が移動する“曳屋(ひきや)”が行われる弘前城だが、その他にも観光スポットがたくさんある弘前市。せっかく弘前に行くのであれば、見どころを知っておきたい。というわけで、弘前市のオススメ観光スポットとグルメから、編集部が選ぶベスト3をそれぞれ取材してきた。弘前城周辺を観光する際お役立てれば幸いである。

歴史を感じる場所が多数 弘前市観光スポットベスト3!

観光スポット3位:藤田記念庭園

藤田庭園

“藤田記念庭園”は高台部の洋風庭園と低地部の日本庭園に分かれている大規模な庭園。元々は、日本商工会議所の初代会頭も務めた藤田謙一氏の私邸であったのだが、のちに弘前市が買収して復元整備、1991年より開園している。高台部は、大正浪漫を思い起こさせる洋館のすぐそばに昔ながらの和館があり、特に洋館は、結婚写真の撮影によく利用されている。

藤田洋館 藤田和館 藤田和館から

低地部は、菖蒲、ツツジと言った植物や、池や滝などを歩きながら鑑賞できる池泉回遊式の日本庭園。お茶会も開かれるという茶室は、縁側から眺めると庭園の奥に岩木山を望むことができ、風情を感じる。池にはたくさんの鯉が泳いでおり、餌を投げて足元にどっと押し寄せる姿を眺めるのもまた楽しい。一風変わったところでは、水琴窟という仕掛けもあった。石に水を流すと、その下にある窯に当たった水が反響して面白い音が鳴るというもので、日本庭園によくある装飾の一つだそうだ。

藤田茶室から 藤田滝 藤田水琴窟

観光スポット2位:津軽藩ねぷた村

ねぷた村外観

弘前といえば忘れてはいけないのが“ねぷた”だ。ねぷたは、“眠り流し”という農民行事が、“ねむた流し”となり“ねむた”、“ねぷた”になったと言われている。“津軽藩ねぷた村”の施設の中では、“弘前ねぷたまつり”で実際に使用された大型ねぷたや、ねぷたの歴史に関する展示のほか、ねぷた祭の実演も通年で鑑賞することができる。大型ねぷたは、近くで見るとより大迫力で一見の価値あり。

ねぷた村展示 ねぷた村展示02 ねぷた村展示03
1 2 3 4次のページ
srbnの記事一覧をみる

記者:

ネットで流行っているものを追いかけていたら、いつの間にかアニメ好きになっていました。 http://com.nicovideo.jp/community/co621

TwitterID: srbn

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。