ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

オリバー ゴールドスミスから新作アイウェア「OG×OLIVERGOLDSMITH_03」登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アイウェアブランドオリバー ゴールドスミス(OLIVER GOLDSMITH)から「オージー・バイ・オリバー・ゴールドスミス(OG×OLIVERGOLDSMITH_03)」が登場。7月24日(金)、ドーバーストリートマーケット ギンザ、ブリンク 、ブリンク ベースの3店舗にて先行発売され、2015年8月7日(金)から一般発売が開始した。

「オージー・バイ・オリバー・ゴールドスミス」はブランド100周年に向けた新ライン。本コレクションから、オリバー・ゴールドスミスの息子、映像プロデューサーのニック・ゴールドスミスが、「オージー・バイ・オリバー・ゴールドスミス」のクリエイティブディレクターに就任。数々のミュージックビデオを手がけてきた彼に期待が集まる。

登場した「オージー・バイ・オリバー・ゴールドスミス_03」はアセテート素材に着目。日本で唯一のアセテートを生産するタキロンローランド社にオリジナル素材の開発を依頼し、独特の深みがある眼鏡が誕生した。またパッド部分にはチタン製のオリジナル仕様を採用。見た目が美しい上に機能性も抜群。
製造は今までどおりすべて日本製。高品質かつ高級感溢れる5種類のフレームにファンも多い。モデルによっては2種類のサイズを用意。

オージー・バイ・オリバー・ゴールドスミス(OG×OLIVERGOLDSMITH_03)
8月7日(金)発売
【アイテム】
■MENTOR(メンター) 37,800円(税込)
48サイズと50サイズを用意。ラウンドタイプ。ややオーバーサイズ気味なフロント部分が、掛けた時にナードな印象を与える。カラーは6種類。
■NOMAD(ノマド) 37,800円(税込)
47サイズと49サイズを用意。ウェリントンタイプ。スクエアのフォルムで男性的な印象を持ちながらも、リム(レンズ縁)を細くすることでシャープな仕上がりに。カラーは6種類。
■SEEKER(シーカー) 37,800円(税込)
46サイズと48サイズを用意。ボストンタイプ。フロント下部のゆったりとしたラウンド感により、ソフトな印象を与える。カラーは6種類
■HERETIC(ヘレティック) 39,960円(税込)
ティアドロップ型のコンビネーションフレーム。リムとモダン以外はチタン素材で構成され、クラシック装いの中に“未来の匂い”を織り込んでいる。カラーは6種類。
■TRAITOR(トライトール) 39,960円(税込)
スクエア型のコンビネーションフレーム。リムとモダン以外はチタン素材で構成され、クラシック装いの中に“未来の匂い”を織り込んでいる。カラーは6種類。

問い合わせ先:サラディストリビューション東京
TEL:03-6427-7239

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。