ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

不妊に悩む40代女性 治療に1000万円「真っ暗なトンネル」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 不妊に悩む夫婦は多いが、不妊治療をしたところで、思うような結果が出ないことも少なくない。山本涼子さん(仮名・43才)は35才から8年間、体外受精を続けている。

「先の見えない真っ暗なトンネルみたいです。夫とも話し合い、可能性がゼロにならない限り続けるつもりですが、体外受精を失敗するたびに精神的に追い詰められるだけでなく、主人のボーナスと私のパート代をつぎ込んでいるので、生活も苦しい」

 体外受精には大きな支出がともなう。1周期(1回の採卵で得た卵子を治療のために使い切るまで)あたりの費用は30万円ほどかかる。体外受精をした夫婦の平均費用は100万~200万円という調査結果もあるが、山本さんは1000万円以上を費やした。

「夫は子供がいなくてもいいんじゃないかと言ってくれますが、8年続けた体外受精を、自分でやめることなんてできません。このまま『閉経』まで続けることになるんでしょうか…。ドクター・ストップが存在しないのが本当につらいです」

※女性セブン2015年9月3日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
海外不妊治療事情 米での卵子提供380万円、韓国350万円
世界最高齢出産はインド人女性ラジョ・デビさん
野田議員 卵子提供者は「ジュリア・ロバーツに似ている」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP