ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

母親が子育てをしない少女 弁当持参日の教師の対応に感動

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 家庭環境が悪い子供にとって、学校は重要な場所だ。そこで教師が子供とどう触れ合うかで、その後の人生が決まると言っても過言ではない。48才の女性教諭Kさんが、恩師の思い出を振り返る。

 * * *
 小学生時代、私の両親の関係は、冷え切っていました。父も母も家にはほとんど戻らず、たまに顔を合わせると、つかみ合いのけんかになるばかり。私は、同居していた祖母に育てられたようなものでした。

 私が中学生になった頃、優しかった祖母が他界。寂しさから、なんとか親の気を引きたくて、私は荒れに荒れました。

 スーパーで万引きをしては、わざと店員に捕まる日々。家に連絡されても両親は留守で、誰も迎えに来てくれないのに…。

 両親に代わって必ず迎えに来てくれたのが、担任のA子先生でした。店員に頭を下げているA子先生に、私は礼を言うどころか、逆恨みをしていました。先生が来るから親が来ないのだ、と思っていたからです。

 ある日、給食ではなく、お弁当を学校に持っていかなければならない日がありました。みんなが机を向かい合わせにし、お弁当を広げ始めました。私の母は、運動会の時でさえ、お弁当を作ってくれない人。もちろん、お昼代さえもらえませんから、私は机に何も出さず、ただひたすら下を向いていました。

「お弁当は?」と、不思議そうに聞く同級生たち。孤独感や情けなさに押しつぶされそうでした。すると、

「お弁当が届いたよ。お母さん、渡しそびれちゃったんですって」

 A子先生がそう言って、私にハンカチで包んだお弁当を手渡してくれました。見たことのないハンカチです。開いてみると、卵焼きやたこの形をしたウインナー、ミニトマトなどが入ったかわいらしいお弁当です。友達からうらやましがられ、誇らしい気持ちになりました。でも、母がこんな手のこんだお弁当を作ってくれるわけがありません。

 教室の前を見ると、A子先生は静かに本を読んでいます。先生は自分のお弁当を、私にくれたのだと、すぐにわかりました。

 今、私は教師をしています。A子先生にあこがれて心をあらため、奨学金で大学へ進みました。A子先生のような教師でありたいと、精進する毎日です。

※女性セブン2015年9月3日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
いつでも温かいお弁当が食べられるUSB保温ポーチ
サーモンヘアーが可愛い 「手まりずしの女の子」の作り方
浪費姑に嫁キレて日の丸弁当にパチンコ玉仕込み前歯ポキリ

NEWSポストセブン
NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP