ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

クローゼットに潜む恐怖の髪の長い女 夫の首絞め夫婦引き裂く

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 引っ越しをした際に、気になるのがその家に何かおかしなものが棲みついていないかどうかということ。46才の会社員男性・Tさんは、購入した一軒家で恐怖な体験をしたという。

 * * *
 7年前のこと。家を買おうと妻と物件を見て回ったところ、築浅の一戸建てを見つけました。相場よりも安いので確認したところ、事故物件などではないとのこと。

 ただ、元家主夫婦と契約をする際に顔を合わせたのですが、ふたりの様子が気になりました。けんかをしているのか、互いに視線を合わせません。でも他に問題はなかったため、購入することにしました。

 住み始めてしばらくすると、2階の寝室のクローゼットに、違和感を感じるようになったんです。閉めたはずなのに開いていたこともありましたが、妻に話しても信じてもらえません。

 ある夜、目を覚ますと、クローゼットが勝手に開き、なかから髪の長い女がズルリと出てきたのです。「あっ」と思った瞬間、その影が私にかぶさり、首を絞めてきました。

 懸命にもがき続けていると、影は消えました。その隙に、私は逃げるように1階に下り、朝まで電気をつけて過ごしました。それからは、寝室に入る気にはなれず、居間のソファで寝るように。

 そういう生活が半年も続いたでしょうか。次第に妻との関係が悪くなっていき、ついには離婚することに。

 家を手放すことになり、ハッと気づいたのです。私たちは、元家主夫婦と同じじゃないかと。この家では、今も同じことが続いているのかもしれません。

※女性セブン2015年9月3日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
金縛り原因や理想睡眠時間など睡眠に関する疑問を解説した本
ひらめやまぐろに潜む恐怖の寄生虫・クドアの食中毒対処方法
タスキ掛けした鞄の紐で胸が強調 「パイスラ」を下から撮影

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP