ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

「面接に着て行く服がない」被災地の若者が語る「就活の悩み」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
mensetsu

 「家がない、面接に着て行く服がない、履歴書に貼る写真も撮れない。どう就職活動をすればいいのか」。そう語るのは、東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県気仙沼市の避難所「気仙沼市総合体育館(ケー・ウェーブ)」に身を寄せる熊谷祐樹さん。避難生活を送るうえで、どんな悩みを抱えているのか。震災発生から約1か月となる2011年4月9日、同体育館を訪ねて話を聞いた。

 熊谷さんは気仙沼市出身の28歳。親元を離れ市内で一人暮らしをしている。過去には水産業や清掃業に携わっていたが、最近は仕事が見つからず就職活動をしていた。そんな中で発生した東日本大震災。地震とともに起きた津波は、熊谷さんから通帳と印鑑を除く生活のすべてを奪った。大切にしていた西野カナの初回限定アルバムも流された。

 被災後の就職活動について熊谷さんは「住所がなければ就職は難しい。仮設(住宅)に入りたいが、優先されるのは子供連れや高齢者。自分の住所はいつ持てるのか」と不安をもらす。気仙沼市役所によると、現在9,800人いる避難者に対し建設予定の仮設住宅は389戸にとどまっている。(2011年4月13日現在)

 気がかりなのは住所だけではない。取材に応じてくれたとき、熊谷さんはジャージ姿だったが、「面接に着て行く服がない。支援物資の中には服もあるが、子供や高齢者向けのものばかり。20代が着られるような服はないんです」と若者向け衣類の不足を指摘する。「正直、履歴書の写真くらいは良い服を着て撮りたい。ただ、証明写真の機械すら見当たらない」とし、仕事の応募さえままならない状況を嘆いた。

 今後も気仙沼で働くつもりかと問うと「気仙沼のハローワークは津波で流された。多くの会社も被害を受けて、もともと少なかった仕事はさらに減った」と話し、「仕事がなければ県外へ出て行くしかない。でも、やっぱり気仙沼で働きたい。ここが好きなんです」と気仙沼への思いを語った。

(松井尚哉)

【関連記事】
ラジオは「乾電池がつなぐ命」 被災地のフリーアナが語る
必要なものがきちんと届く仕組みを ボランティアが見た避難所生活
「命をつなぐ情報」届ける 被災地で活躍する「臨時災害エフエム局」

ニコニコニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。