ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

花飾り作りで世界を旅する「レイメイカー」とは

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

花飾り作りで世界を旅する「レイメイカー」とは
J-WAVE平日(月〜金)夜の番組「LOHAS TALK」(ナビゲーター:小黒一三)。今週8月24日〜28日のオンエアでは、フラワーアーティストの大谷幸生さんがゲストに登場しています。

雑誌『ソトコト』統括編集長の小黒一三さんが、ゲストを迎えてその活動の中にあるロハスを探る10分間の同番組。ゲストの大谷さんは、フラワーアーティストとして、雑誌・広告などで活躍するほか、日本の花で頭や首などにかけるオリジナルのレイ(花飾り)を編む「レイメイカー」としても活動しています。

もともと自然崇拝のハワイで生まれたレイは、神様に踊りを捧げる時の飾りの一部だったそう。ハワイには土地ごとに、その土地を象徴する花があり、その花をレイに使うというルールがあります。花は神様の生まれ変わりとして考えられており、レイを見るだけで、その人がどこの出身か一目で分かるようになっているとか。花飾りは、ハワイだけではなく、タイやインドでも作る習慣があるそうです。

大谷さんの著書『笑顔の花飾り』(ポプラ社)では、2年半に渡り47都道府県、日本全国の花でレイを編んだ旅が記録されています。和歌山県・古座川では山から畑に獣が降りてくることを防ぐために、色とりどりの花の種をまき、その花を使ってレイの編み方を地元の人に教えるなど、日本各地の花を使った活動をしているそうです。

今夜、8月26日のオンエアでは、被災地・福島での活動について話を伺います。花が津波で全滅してしまった被災地での活動とは? 27日は、大谷さんの意外な前職からの転身とレイとの出会いの話に。最終夜の28日は、日本や海外でレイ作りをする活動とその活動を続ける理由、今後の展望を伺います。どうぞお楽しみに!

【関連サイト】
「LOHAS TALK」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/blog/lohastalk/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。