ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

法で裁けぬ悪を殺る!マーベルの座頭市こと『デアデビル』の魅力とは?【動画】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

いよいよ9月2日よりサービルを開始する「Netflix」。その開始に伴い、独占開始となるNetflixオリジナルのTVシリーズ『デアデビル』より、特別映像が届いた!

https://youtu.be/RXmXFuEqRCU

『アベンジャーズ』『スパイダーマン』『X-MEN』など超人気キャラクターたちを生み出すマーベルが新たに放つヒーロー”デアデビル”。今回公開されたのは、出演キャストたちが『デアデビル』の魅力について語る、特別映像だ。

原作はヒーローの神スタン・リーが描く同名タイトル「デアデビル」。1964年に登場以来、「シン・シティ」「300」巨匠フランク・ミラーも制作に加わり、約50年に渡って愛され続けている名作コミックである。

全13話に渡って、「善と悪の境界線」という重厚なテーマ性や、痛々しいほどリアルなアクションを交えながら、マーベル屈指の人気ヒーローの誕生を描く本作を、主演に抜擢されたチャーリー・コックスは「本当に素晴らしいストーリー展開になっているよ!」と絶賛。
観る者の胸に突き刺さるエモーショナルなドラマ、本格アクションとクライム・サスペンスが話題を呼び、全米評論家サイト「Rotten Tomatoes」のトップ批評家による評価98%を記録する驚異の満足度を獲得、ドラマの枠を越えた傑作として、いま世界中で人気を博す話題作となっている。

舞台は無数の欲望渦巻くニューヨークのスラム街ヘルズ・キッチン。幼い頃に不慮の事故で視覚を失った代わりに、超人的感覚を手に入れたマット・マードック(チャーリー・コックス)は、昼は盲目の弁護士として働き、夜は極限まで鍛えあげた身体能力を武器に、クライム・ハンター”デアデビル”として法では裁ききれない悪へと立ち向かう。常に「正義の行いとは何か」葛藤を抱き、肉体も精神もボロボロになりながらも孤独な戦いを続けるマット。次第に、巨大な敵の正体へと迫っていく・・・。

コスチュームは、コアなファンが多いフランク・ミラーの「DAREDEVIL:The Man without Fear」からインスパイアを得ており、エピソードの前半は、原作通り黒いスーツに身を包むこだわりよう。そして激しいアクションが多い本作を演じるに当たって、主演チャーリー・コックスは別インタビューで、「ジムに通って、トレーニングをみっちり受けたよ。マーシャルアーツもスタントも訓練をして。さらに、マット・マードックは盲目という設定なので、アクションシーンで彼がなにかに反応するときは、頭の動作に意識をしている。たとえば、背後から誰かが接近したときは、その人物の方向を見ることなしに対応する。もちろん、実際の撮影では役者は目を使っている。だけど、目が見えないということを常に意識しているんだ」とコメントしている。

またチャーリー・コックスは、「それまでに読んだどのドラマの脚本よりも、素晴らしかった。スーパーヒーローを題材にしたドラマが、テーマやトーンという面において、ここまで洗練されたものになりえるということに驚いだよ。さらに、いまノリにノッているマーベルと仕事がしたかったんだ(笑)」と憧れのマーベル作品出演に喜びを語っている。2016年にはシーズン2の配信も決定! いよいよ日本にも世界を席巻するヒーローが上陸する!

https://youtu.be/ZCCEM1LhjNc

Netflixオリジナルドラマ
『デアデビル』来週9月2日より独占配信!
(C)Netflix. All Rights Reserved.

■公式サイト
Netflix 公式サイト
http://www.netflix.jp

関連記事リンク(外部サイト)

Netflixオリジナルドラマ『デアデビル』日本最速上映イベントに20組40名様ご招待
全米トップ批評家の満足度98%!NYの悪を裁く、マーベル発ダークヒーロー『デアデビル』

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP