ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Archos 、共通ハードウェアのAndroid / Windows 10スマートフォン「Archos 50e Helium / 50 Cesium」、有機EL採用の「Archos Diamond S」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

フランスの老舗 Android 端末メーカー Archos が仕様の共通した Android / Windows 10 スマートフォン「Archos 50e Helium」と「Archos 50 Cesium」、さらに、ハイエンドモデル「Archos Diamond S」を IFA 2015 で披露すると発表しました。50e Helium と 50 Cesium は同じハードウェアを採用しており、OS を分けています。50e Helium は Android 5.1.1(Lollipop)、50 Cesium は Windows 10 を搭載。Diamond S は Archos は Super AMOLED ディスプレイを採用したハイエンドモデルで、Archos の新たなフラッグシップと位置づけられています。50e Helium / 50 Cesium は、5 インチ 1,280 x 720 ピクセルのディスプレイ、Snapdragon 210 1.1GHz クアッドコアプロセッサ、1GB RAM / 8GB ROM(Micro SD 対応)、背面に 800 万画素カメラ、前面に 200 万画素カメラ、2,100mAh バッテリーを搭載し、Wi-Fi b/g/n、Bluetooth v4.0、GSM / WCDMA / LTE、デュアル SIM などに対応しています。Android 版は Google Play 対応です。

Archos Diamond S by ARCHOS on SketchfabDiamond S は、5.5 インチ 1,280 x 720 ピクセルの Super AMOLED ディスプレイ、MediaTek MT6753 1.5GHz オクタコアプロセッサ、2GB RAM / 16GB ROM(Micro SD 対応)、背面に 1,300 万画素カメラ、前面に 800 万画素カメラ、2,300mAh バッテリーを搭載。こちらも、LTE やデュアル SIM に対応。もちろん、Google Play 入りです。Source : Archos


(juggly.cn)記事関連リンク
NTTドコモ、「Galaxy S6 SC-05G」のソフトウェアアップデートを開始
英WileyFox、コストパフォーマンスに優れたCyanogenOSスマートフォン「Storm」「Swift」を発表
有名アプリ「Link Bubble」の有料版が無料に

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP