体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

格安SIM対応した新生「BlackBerry Classic」レビュー

デジタル・IT

格安SIM対応した新生「BlackBerry Classic」レビューMVNO「もしもシークス」を運営するエックスモバイルは8月10日、無料通話付きの新料金プランとBlackBerry Classicの取り扱いを発表しました
日本におけるBlackBerryの販売は、2012年のBlackBerry BOLD9900(NTTdocomo)を最後に3年間動きがない状態でした。日本市場に現れなかった3年の間でBlackBerryは変化を遂げています。そこで改めて、BlackBerryとはどんな機種なのか?BalckBerry Classicはどんな機種なのか?という側面でレポートしていきたいと思います。 

今までのBlackBerryとBlackBerry Classicは別物
最初に、今まで国内で発売されたBlackBerryと今後発売されるBlackBerryは搭載しているOSが別。従来の機種はBlackBerry OS7で、新しい機種はBlackBerry OS10です。

簡単な違いは以下の通り。

OS BlackBerry OS7 BlackBerry OS7
プロバイダ BIS縛りあり BIS縛りなし
Androidアプリ 非対応 APNファイルから
直接インストール
Amazonアプリストア 非対応 対応

BISとは「ブラックベリーインターネットサービス」を略したプロバイダの名前。BlackBerry OS 7を搭載した機種は、BISを申し込んでいないとメールなどの設定ができず、BalckBerryの魅力がほとんどなくなってしまいます。

このBISはドコモ契約でないと申し込みが出来なかったため、MVNOや格安SIMでBlackBerryを運用することができません。しかし新しいBlackBerry OS10では、BIS以外のプロバイダでもAPN設定すると接続可能。つまり、MVNOや格安SIMが使えるようになっています。

また、BlackBerry OS10から、AmazonアプリストアやAndroidアプリをAPNファイルからインストールできるので、これまで貧弱だったBlackBerryアプリのラインナップが、OS10からはかなり広がります。
ただ、Google Playと比較すると、Amazonアプリストアのラインナップは心もとないですし、AndroidアプリをAPNファイルからインストールするとセキュリティ的に不安になる部分もあります。また、一部アプリは正常に動かないこともあるもあるので多少の覚悟と諦めが必要です。

なおドコモでのBIS新規申し込みは2015年11月30日まで。運用については2017年3月31日に終了することを発表しました。このニュースを受けて「BlackBerryが日本で使えなくなる!!」と思われた方も多かったようですが、実際影響するのはBlackBerry OS7端末まで。

もしもシークスがBlackBerry Classicを発売することで、「BlackBerry難民」が救済されるのは素晴らしいことだと思います。 

スペックと外観を確認!
それではBlackBerry Classicの詳細を確認していきます。 

格安SIM対応した新生「BlackBerry Classic」レビュー
1 2 3次のページ
デジタル・IT
SIM通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会