ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

格安SIM対応した新生「BlackBerry Classic」レビュー

DATE:
  • ガジェット通信を≫

MVNO「もしもシークス」を運営するエックスモバイルは8月10日、無料通話付きの新料金プランとBlackBerry Classicの取り扱いを発表しました
日本におけるBlackBerryの販売は、2012年のBlackBerry BOLD9900(NTTdocomo)を最後に3年間動きがない状態でした。日本市場に現れなかった3年の間でBlackBerryは変化を遂げています。そこで改めて、BlackBerryとはどんな機種なのか?BalckBerry Classicはどんな機種なのか?という側面でレポートしていきたいと思います。 

今までのBlackBerryとBlackBerry Classicは別物
最初に、今まで国内で発売されたBlackBerryと今後発売されるBlackBerryは搭載しているOSが別。従来の機種はBlackBerry OS7で、新しい機種はBlackBerry OS10です。

簡単な違いは以下の通り。

OS BlackBerry OS7 BlackBerry OS7
プロバイダ BIS縛りあり BIS縛りなし
Androidアプリ 非対応 APNファイルから
直接インストール
Amazonアプリストア 非対応 対応

BISとは「ブラックベリーインターネットサービス」を略したプロバイダの名前。BlackBerry OS 7を搭載した機種は、BISを申し込んでいないとメールなどの設定ができず、BalckBerryの魅力がほとんどなくなってしまいます。

このBISはドコモ契約でないと申し込みが出来なかったため、MVNOや格安SIMでBlackBerryを運用することができません。しかし新しいBlackBerry OS10では、BIS以外のプロバイダでもAPN設定すると接続可能。つまり、MVNOや格安SIMが使えるようになっています。

また、BlackBerry OS10から、AmazonアプリストアやAndroidアプリをAPNファイルからインストールできるので、これまで貧弱だったBlackBerryアプリのラインナップが、OS10からはかなり広がります。
ただ、Google Playと比較すると、Amazonアプリストアのラインナップは心もとないですし、AndroidアプリをAPNファイルからインストールするとセキュリティ的に不安になる部分もあります。また、一部アプリは正常に動かないこともあるもあるので多少の覚悟と諦めが必要です。

なおドコモでのBIS新規申し込みは2015年11月30日まで。運用については2017年3月31日に終了することを発表しました。このニュースを受けて「BlackBerryが日本で使えなくなる!!」と思われた方も多かったようですが、実際影響するのはBlackBerry OS7端末まで。

もしもシークスがBlackBerry Classicを発売することで、「BlackBerry難民」が救済されるのは素晴らしいことだと思います。 

スペックと外観を確認!
それではBlackBerry Classicの詳細を確認していきます。 

OS BlackBerry OS10
CPU Snapdragon S4 MSM8960
クアッドコア 1.3GHz
RAM / ROM
2GB / 16GB

外部ストレージ microSDXC (最大128GB)
サイズ / 重量 約131×72.4×10.2(mm) /
約180g(実測値)
ディスプレイ 3.5インチ(720×720ピクセル)
バッテリー容量 2,515mAh
カメラ メインカメラ:800万画素
インカメラ:200万画素
SIMサイズ ナノSIM
LTEバンド Band 1/2/3/5/7/8/20

本体サイズはコンパクトですが、重量はギュッと詰まった180g。軽量なスマホに慣れたユーザは少し「ズッシリ」とした感じを受けるかもしれません。搭載されているCPUはSnapdragon S4。これは2012年夏モデルのAndroidが数多く採用していたもの。ブラウジングやレスポンスのスピードは最新スマホと比較するとやや遅いですが、日常使いにおいて大きな支障はないと思います。

続いて本体を見ていきます。

背面はすべり止めにもなる独自加工で独自の雰囲気が出ています。

端末上部(左上)はイヤホンジャック、マイク、電源ボタンなどがあり、右側面(右上)にはボリュームキー、音楽再生/停止ボタンを配置。スピーカー、microUSB端子、マイクは端末下部(左下)にあり、SIM・microSDトレイはともにピンで引き出すタイプで端末左側面(右下)に備えられています。

BlackBerry Classicの一番のウリは何と言ってもフロントのキーボード。発信、メニュー、終話キーにトラックパッドに、QWERTY配列のキーボードが搭載されています。

ボタンを押して確実に発信、終話ができると共に、キーボードで1文字1文字を押し込んで入力できるのはフルタッチパネルのスマートフォンにはない魅力です。

キーボードは、アプリケーションや電話帳の登録をする際のショートカットキーとしても機能。ホーム画面からワンタッチですぐに起動できるので慣れると便利に感じる機能です。とはいえ、Androidスマートフォンと比較すると癖のある操作性となっていますが、逆に使いこなせると驚くほど便利に感じる機種でもあります。根強いファンがいる理由も分かります。

「通話定額」という言葉に疑問の料金プラン

料金プランに関して、もしもシークス側はMVNO史上初の通話定額プランをうたっておりますが、全てのプランで時間・回数の制限が設けられています。超過すると30秒19.9円(税別)で課金。

この内容が「通話定額」に入るかどうか、かなり議論の余地があると思います。しかし、MVNOでは珍しい通話を意識したプランですのでここがユーザーにどう受け入れられるのかは注目ポイントかもしれません。

BlackBerry Classicは8月17日より予約を開始しており、9月7日から順次出荷開始とのことです。本体価格は49,800円。気になっている方はこの機会でBlackBerryデビューしてはいかがでしょうか。

(文:モバイルプリンス)

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
SIM通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。