ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

英WileyFox、コストパフォーマンスに優れたCyanogenOSスマートフォン「Storm」「Swift」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

英国の新興スマートフォンブランド WileyFox が Cyanogen と提携し、CyanogenOS を搭載した「Storm」と「Swift」を発表しました。WileyFox はオンライン販売を利用して、ハイスペックなAndroidスマートフォンを手頃な価格で提供する OnePlus と同じ戦略でスマートフォンを販売しようとしています。発表された、「Storm」は、5.5 インチ1,920 x 1,080 ピクセルのディスプレイ、Snapdragon 615 1.5GHz オクタコアプロセッサ、3GB RAM / 32GB ROM、背面に 2,000 万画素カメラ、前面に 800 万画素カメラ、2,500mAh バッテリーを搭載。「Swift」は「Strom」の下位モデルで、5 インチ 1,280 x 720 ピクセルのディスプレイ、Snapdragon 410 1.2GHz クアッドコアプロセッサ、2GB RAM / 16GB ROM、背面に 1,300 万画素カメラ、前面に 500 万画素カメラ、2,500mAh バッテリーを搭載。どちらも、Micro SD カードスロットを搭載し、LTE にも対応。OS は Android 5.1.1 ベースの CyanogenOS 12.1 です。どちらも、欧州、中東、アフリカの国々でオンライン販売されます。Storm の価格は VAT 込み £199(約37,500円)、Swift は VAT 込み £129(約 24,000 円 )。まずは、Swift が 9 月上旬に発売され、Storm は 10 月に発売されます。Source : WileyFox


(juggly.cn)記事関連リンク
NTTドコモ、「Galaxy S6 SC-05G」のソフトウェアアップデートを開始
有名アプリ「Link Bubble」の有料版が無料に
Samsungの幹部がGear S2をテスト中、実機の写真も公開

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。