ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界三大キノコをイタリアンでたっぷり味わう、茸料理がよりどりみどりなフェスタ

DATE:
  • ガジェット通信を≫


世界三大キノコ「トリュフ」「ポルチーニ」などのキノコが味わえる茸フェスタが始まる。

秋の味覚として挙げられる茸。日常的に食べられるキノコも美味しいが、日ごろ食べる機会の少ない茸の美味しさもこれを機会に知ってみてはいかがだろう。

第一ホテルアネックスのB1にあるトラットリア「ラ・パランツァ」は、2015年9月1日~11月30日に「秋の“トリュフ”と“ポルチーニ”茸フェスタ」を開催する。

トラットリア「ラ・パランツァ」の茸フェスタでは、茸をつかった様々な料理が期間限定で提供される。

秋トリュフとポルチーニ茸の“タリオリーニ”(1800円・写真1)や、いろいろ茸の蒸し焼き“ストゥファート ”(900円・写真2)に秋トリュフとポルチーニ茸のピッツァ(2400円・写真3)をはじめ、8種きのこのペペロンチーノで和えたリングイーネ(1600円)や秋トリュフとポルチーニ茸のパルミジャーノリゾット(1800円)など、イタリアンで頂けるメニューが期間中は茸づくしとなる。

キノコはヘルシーで、とても味わい豊かな食材。滋味溢れる風味は、シンプルなイタリアンによく合いそうだ。

秋になったら、日ごろ食べる機会の少ない色々なキノコを味わいにトラットリア「ラ・パランツァ」の「秋の“トリュフ”と“ポルチーニ”茸フェスタ」で多くのキノコの味わいを食べ比べてみて。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP