ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

米で子どもたちに大人気の理髪店!「あるコト」で無料に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アイオワ州ダビュークで行われたコミュニティイベント「Back to School Bash Community」に出店した理髪店「Barber Courtney Holmes」では、ある条件を満たすことで無料のヘアカットを提供していたそうだ。店主のHolmes氏は「USA TODAY」にこう話している。

「子どもたちが来たらぼくはこう言うんだ。テーブルに行って好きな本を取ってきな。もし、読めないなら手伝ってあげるから一緒に読もう。ってね」

サービスの対象は子どもたち。サービスを受けるためには「店主に物語を読んで聞かせる」のが条件だそうだ。子どもたちの読む力をサポートし、コミュニティ内でのコミュニケーションを円滑にする目的があるという。

8月8日土曜日、彼は自身が勤務しているサロン「Spark Family Hair Salon」を休んでコミュニティイベントへと参加した。それは、フリーマーケットのような感覚で物や人手を集め、多くの家族が交流できるイベント。彼自身、小学校への入学を予定している子どもたちを対象にブースを構える準備をしていた。以下に彼のコメントを一部紹介する。

「正直驚いたよ。イベントには無料の本が沢山寄付されていたので、数冊手にとってこの無料のヘアカットを始めた。すると、当初4人だった子どもたちがしばらくして20人ほどに増えていた。皆無料のヘアカットと本を読むために並んでたんだ」

イベントが終わった後も10人ほどの子どもが待ったままの状態だったそうだ。彼はその後も子どもたちのためにサービスを続行することを決意。今では無料で本が送られてくるようになったという。

彼の働く「Spark Family Hair Salon」のオーナーは、月毎に子ども向けに同様のイベントを開催できるかどうかを検討中だという。子どもたちの勉強のサポートをしながら交流を深められるとあって、新たなコミュニケーションを生む場所として注目が集まっているようだ。

Reference:USA TODAY , Sam Lozada

Licensed material used with permission by ELITE DAILY

関連記事リンク(外部サイト)

「売れ残りの食料品、捨てたら罰金」。満場一致で決まったフランスのエコな法律
人間にはふたつのタイプしかいない!17枚のイラストで楽しむ「あなたはどっち?」
アメリカ先住民から学ぶ「10の教訓」。自然との共存、シンプルな生き方

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。