ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

違反クラブとされた高反発ゴルフドライバー 大手参入の背景

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 8月5日、東京・新橋。ゴルフメーカー大手のPRGR(プロギア)が開いた記者会見は報道陣で埋まった。その場で発表されたのは、PRGRが高反発ドライバーを10月上旬から発売すること。これまで一部の中小メーカーだけが取り扱っていた商品に、ついに大手が参入した形だ。

 高反発ドライバーは、その名の通り反発係数を高めて飛距離を生み出すドライバーのこと。2000年以降に大流行したが、過剰ともいえる開発競争でボールの飛距離が伸びすぎて問題になり、世界のゴルフ・ルールを司るR&A(全英ゴルフ協会)が反発係数を抑えるルール変更に乗り出して、日本でも使用が禁止された。結果、高反発ドライバーは使用できない“違反クラブ”となり、市場から姿を消していた。

「高反発ドライバーはJGA(日本ゴルフ協会)も認めていないクラブ」。PRGRの会見でも飛び出した言葉だ。そもそもこの会見に注目が集まったのは、この“違反クラブ”を大手があえて作るという決断を下した背景に、高い関心が寄せられたからである。PRGRは質問に対し、次のような説明をした。

「もちろん大前提はルールに則ること。競技に出る人は使えず、プライベートプレーでのみ使用が可能となりますが、昔のような飛距離を取り戻すことでシニアのゴルフライフに大きな飛びと喜びを与えたい」

 また「JGAとは連絡は取っていない」としたが、それでも販売に踏み切ったのは「ユーザーの根強いニーズがあった」からだった。

 売り場の状況がこれを裏付けている。近年はエンジョイゴルファー向けに高反発ドライバーを発売する中小メーカーが急増し、現在は10社以上が発売。多くの売り場で『高反発コーナー』が設けられている。

「昔のように飛ばしたい、もっとゴルフを楽しみたいというシニアゴルファーや女性客を中心に売れています。定年を迎えて接待ゴルフもなくなり、クラブ競技にも出ない。昔の仲間とプライベートゴルフを楽しみたいという方が購入されています」(都内のゴルフショップ店員)

※週刊ポスト2015年9月4日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
高反発ドライバー 高齢者のゴルフ離れを背景にニーズ高まる
シニアゴルファーに人気の高反発クラブ 友人と楽しむ分はOK
高反発ドライバー ゴルファーの要望でゴルフ界に容認の動き

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP