ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ハードを直接コントロールするソフトウエア、それが「ファームウエア」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

パソコンやデジタルカメラ、スマートフォン、タブレットなどの電子製品を使っていると、ときに「ファームウエアを最新のものにアップデートしてください」といったメッセージが表示されることがある。しかし、手順にそってアップデートを始めると、「アップデート中には決して電源を切らないでください。元に戻らない場合があります」などという怖そうな警告が出てきて、ものすごく緊張してしまう。この恐ろしげなファームウエアとは、いったい何なのだろうか?

電子製品は、機械であるハードウエアと、それを制御するソフトウエアから成り立つ。そのソフトウエアの中でも、ハードウエアにより密接に関係しているのがファームウエアだ。ファーム(Firm)にはすなわち、「弾力があってほどよく硬い」という意味がある。文字どおり、ソフトでもハードに近い硬めのソフト――ファームというわけだ。

このファームウエアは、ハード(機械)を直接コントロールするという役割を果たす。パソコンであれば、ハードディスクを回し、情報を書き込んだり読み取ったりし、CPUで計算させ、ディスプレイに表示するといった、いわば機械の操縦者がファームウエアなのだ。

こういったパソコンのファームウエアをBIOS(バイオス=Basic Input/Output System)と呼ぶこともある。OSやアプリケーションは、このファームウエアを通じてコンピューターとやり取りをする。いわば、OSやアプリケーションが「ハードディスクからこの情報を取ってきて」とファームウエアに命令すると、「ハハァ!」とファームウエアがハードディスクを回して目指す情報を探し当て、「これにございます」とOSやアプリケーションに手渡すというわけである。

もっとも、最近のパソコンでは、ファームウエアは起動後にマシンを初期化し、OSをロードするという準備作業に徹し、その後の制御はOSやアプリケーションが直接することが多いようではある。

さて、ファームウエアのもう一つの大きな特徴は、それがROM(読み出し専用のメモリ)やフラッシュメモリーといった、電源が切れても内容が失われない不揮発メモリに”書き込まれている”ことだ。もしもファームウエアがROMに格納されていたら、アップデートはできず、ROMそのものを交換するしかない。ROMは再書き込みができないからだ。用途が限定されている家電や低価格品などは、ROMにファームウエアが格納されている場合がほとんどだ。

ファームウエアをアップデートできるのは、書き込み可能なフラッシュメモリーに格納されている場合で、デジタルカメラやスマートフォン、パソコンといった複雑で多様な仕事をこなすハードに多い。「アップデート中には電源を切らないで」といったメッセージが流れるのは、ファームウエアがハードそのものに密着しているので、ファームウエアが壊れた場合には、そもそも起動すらしなくなる恐れがあるからなのだ。

とはいえ、最近の製品は、ブートブロックという立ち上げ専用のファームウエアを別途ROMに格納し、フラッシュメモリー上でのアップデートが失敗しても、きちんと再起動できるようになっているので、ご安心あれ。

TIME & SPACEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP