ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

東芝が家電撤退ならブランド毀損 不採算でも独自技術は多い

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 不正会計事件で揺れる東芝。利益の水増しなどに伴う業績の下方修正額は2130億円にも及び、2015年3月期の最終損益は大幅な赤字に転落する見通しとなった。

 今後、東芝にとって不採算事業の見直しと大規模なリストラの断行は、業績回復と生き残りのために避けて通れない道。そこで、構造改革の“第一候補”とされているのが、テレビやパソコン、冷蔵庫・洗濯機などの白モノ家電を抱えるライフスタイル部門である。

 すでに東芝は原子力と半導体を経営の「2本柱」に据え、そこに医療分野向けのヘルスケア事業を加える方針を立ててきた。2014年3月期のライフスタイル部門の売り上げは、東芝全体の2割を占めたが、510億円の営業赤字に陥るなどグループ全体の足を引っ張っているのが現状だ。

「東芝は今回の事件に関係なく、2年前から個人向けパソコン事業の縮小や、テレビ事業で海外事業からの撤退を進めるなど徐々にリストラ策を打ってきた。冷蔵庫や洗濯機もすべて海外生産に切り替え、工場のある東南アジアで提携先を探しているとの観測も出た。

 このままいけば、白モノを含むコンシューマー(一般消費者)向けの家電事業から完全撤退する可能性も否定できない」(経済誌記者)

 東芝に限らず、ソニーやシャープなど同業他社がコンシューマー向け事業の苦戦を強いられているのは決算数字を見ても明らか。しかし、これまで“日の丸家電”に慣れ親しんできた消費者から見れば、東芝ブランドが消滅していくのは残念でならないはずだ。

 いまでも他社にはない最新技術で話題となっている東芝製品は多数登場している。IT・家電ジャーナリストの安蔵靖志氏が解説する。

「最少能力の微弱運転を可能にして省エネだけでなく冷房に弱い人でも安心して使えるエアコンや、独自の真空技術によって約40時間保温してもおいしい炊飯器、黒カビがつかずに低振動・低騒音を実現したドラム式洗濯機などが東芝のオンリーワン技術の代表です」

 さらに、日本初のカラー受像機を開発した東芝のテレビ事業は、常に最先端の映像美ほか、独自の機能を売りにしてきた。それは今も変わらない。

「他社はテレビにパソコンやネットの機能を加えたスマートテレビなども発売していますが、東芝はあくまでもテレビ放送を起点にしたコンテンツを徹底的に楽しむ機能を追求しているのが特徴です。

 例えば『レグザシリーズ』で新たに始まるクラウドサービス(TimeOn)では、好きな野球チームや俳優、タレント、芸人などを入力しておけば、登場する番組やCM、YouTubeなどを横断検索してくれるので、好きなコンテンツを見逃さないで楽しめます。

 そもそも現在の録画文化を作ったのは東芝です。『HDD+DVDレコーダー』の登場によって、全チャンネル丸ごとタイムシフト視聴など視聴者の利便性をいかに高めるかを常に考えてきたメーカーです」(前出・安蔵氏)

 不採算事業の切り売りや撤退を決断すれば、一時的な業績回復は見込めるかもしれない。だが、家電メーカーの看板を下ろすことによって毀損するブランド価値の大きさも覚悟する必要があるだろう。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
日立の統合相手は東芝が「案外しっくりいく」と大前研一氏
東芝 ブランドイメージ毀損で法人向けPC事業に相当な痛手か
テレビ局の「電波使用料」は売上高のわずか0.14%しかない

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP