ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

阿藤快が滝行で目を見開く「気合い入ってるから冷たくない」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 暑くてどこにも出かける気がしないという方、近くて安くて清涼感を満喫できる「滝行」が今人気なんです。今回、滝行体験に「ぜひ」と手を挙げたのが、俳優・阿藤快(68)である。初めての体験に「なんだかなぁ」ではなく、「おもしろそうだな!」と笑顔。

 まず訪れたのは東京・西多摩郡にある龍神の滝で、「滝行と自然を味わう会」の案内・指導のもと入滝した(料金は5000円)。

「自然の存在を肌で感じてください」とアドバイスを受け準備体操の後、滝の神に一礼し、落差18メートルの滝へ。

「うわ、水のカーテンだよ、息ができねぇじゃん」と、滝を前に戸惑い気味の阿藤。意を決して滝の中に飛び込み「祓いたまえ清めたまえ」と、祝詞を唱えると心身ともに落ち着いてきたよう。カッと目を見開きポーズを決めてみせた。

「気合いが入っているから思ったほど冷たくない。世間の荒波はキツいが、滝行には癒しがあるね。これはいい」

 引き続き、神奈川・小田原駅から車で20分、「大乗院」主催の滝行に挑戦(料金は7500円)。

 住職の「悩み事も水に流せば、心機一転できるんですよ」との言葉に気合いが入った阿藤は、「『水に流す』。こりゃ、うまいこという!」「1年の垢が落ちた気分だよ」。さっぱりした表情で水しぶきの中から出てきた。

 俗世間をちょっと離れた日帰り滝行、ちょっとハマってしまいそうです。

撮影■藤岡雅樹

※週刊ポスト2015年9月4日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
「九頭龍の滝」滝行者が昨年70人→今年200人に 6割が女性
円高で光熱費は安くなる? 電気やガスは3か月後になる
たけし 女子レスリング浜口京子に「平成版おしん」の称号を

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP