体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アメリカの広大なエナジーが宿る大地が気づかせてくれたこと

DSC07760

Photo credit: KANA「【アメリカ イリノイ州】ロードトリップの旅。車で1週間大自然を大横断!

どこまでもどこまでも、見渡す限りあたりは「緑」。終わりが見えない。

初夏、アメリカ内陸部ミシシッピリバー流域の5州を、2週間かけて車で大横断した。中央部ミズーリ州セントルイスから、北部のミネソタ州ミネアポリスまで。走行距離は1000マイル近くに及ぶ。

毎日毎日車窓越しに果てしなく広がり続けていた緑の正体は、コーン畑。辺りを見渡せば、たまにぽつんと家が建っているだけ。広大すぎる自然がそこにはしっかりと存在していた。

水辺のほとりの小さな町

DSC09513

Photo credit: KANA「【アメリカ・アイオワ州】ロードトリップの旅3日間。アメリカングルメ&大自然

途中、川沿いの小さな町の数々に立ち寄った。どの場所でも感じたのは、スローな時の流れ。都会のように時間に慌てる人や、焦って走っている人は一人もいない。のんびり平和な時を紡いでいる。

川辺には、寝っころがり読書するカップル、手を繋ぎながら過ぎゆく川の流れを見つめる老夫婦、元気に走り回る子供達、アコースティックギターで美しい音色を奏でる青年…。皆自分の時間を大切にしている。

静けさを纏う山の中のロッジ

*KANA「【アメリカ イリノイ州】ロードトリップの旅。車で1週間大自然を大横断!」

Photo credit: KANA「【アメリカ イリノイ州】ロードトリップの旅。車で1週間大自然を大横断!

スローな時間は水辺だけではない。緑に囲まれている町も然り。夜は辺りに灯りは一つもない。何も聞こえない。星だけが輝いている。しーんとした中で、自分と向き合う一時。夜明け、外に出てみるとすーっと澄んだ空気が体に入り込んできた。日が昇り、鳥の鳴き声が聞こえてくる。目の前に現れたのは、先の見えない緑の海。

ここにいると不要な物がそぎ落とされていく。本当に大切な物だけでいい。シンプルが一番の豊かさ、そう気づかせてくれた。

DSC00057

Photo credit: KANA「【アメリカ・アイオワ州】ロードトリップの旅3日間。アメリカングルメ&大自然

大自然と共に生きる暮らし

自然の流れに沿ってゆっくり生きること。自分の時間を大切にし、丁寧に生きる余裕があること。時間に、物に、支配されない生活。それは、お金ではない本物の豊かさであった。

物がありふれているが故に時間に追われ、慌ただしく時が過ぎていく都会の暮らしを見つめ直すきっかけになるのではないだろうか。

◆文・写真:KANA「HOTな海外オシャレ旅LIFE」「TRAVEL PHOTO集
(世界を飛び回るトラベルフォトライター。人々の暮らしや世界観を写真と文で表現。多数のメディアで旅の連載を持ち、ガイドブックも手掛ける。)
Photo by: KANA「【アメリカ・アイオワ州】ロードトリップの旅3日間。アメリカングルメ&大自然
■訪れた町:イリノイ州、アイオワ州、ウィスコンシン州、ミネソタ州

■取材協力:
ミシシッピ・リバー・カントリーUSA日本事務所
Great Rivers Country

この旅の詳しい旅行記

*KANA「【アメリカ イリノイ州】ロードトリップの旅。車で1週間大自然を大横断!
*KANA「【アメリカ・アイオワ州】ロードトリップの旅3日間。アメリカングルメ&大自然

Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会