ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

SoundCloud、ユニバーサルミュージックと契約締結か

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2015年1-6月、スウェーデンの音楽市場は4.2%成長。ストリーミングのシェアは84%に拡大

音楽共有プラットホームとして世界的に大人気のSoundCloudが、メジャーレーベルのユニバーサル・ミュージック・グループとライセンス契約を間もなく結ぶとの情報が、関係筋によって明らかになりました。

SoundCloudとユニバーサルミュージックは数カ月に及ぶ交渉を続け、契約締結まできたそうです。交渉で優位な内容を引き出したのはユニバーサルミュージックのようで、株式の譲渡などの条件を要求している模様です。

この数カ月、SoundCloudとメジャーレーベルの関係は、マネタイゼーションを巡って複雑になってきており、います。今年5月にソニーミュージックはSoundCloudにはマネタイゼーション戦略に問題があるとして、アデル、ケリー・クラークソンなど自社のアーティストらの楽曲をSoundCloudから削除し始めました。しかし、これまでSoundCloudで活動してきたMadeonなど人気エレクトロニック・プロデューサーからはレーベル主体の運営に対して不満の声が上がるなど、後味の悪い議論へと発展しました。

SoundCloudに関する記事はこちらもチェック
SoundCloudの契約書がネットでリーク。音楽出版社への分配額や有料プラン戦略の存在が筒抜けに

SoundCloudがサブスクリプション型サービスを年内に正式開始へ。CTOが明言

ソニーミュージックがSoundCloudから一部アーティストの楽曲を削除。収益化の交渉で衝突

2014年にSoundCloudはワーナーミュージックと契約を締結しました。この契約ではSoundCloudユーザーがワーナーミュージックに所属するアーティストの楽曲を使ったコンテンツをアップした際に、レーベルが1)ブロックする、2)消音できる、3)広告でマネタイズできるツールを提供し、SoundCloudが売上からロイヤリティを支払う斬新な契約内容でした。SoundCloudはこの契約に同意するために、ワーナーミュージックに株式5%を譲渡しています。

またSoundCloudはレーベルやクリエイターがプラットフォーム上で広告からマネタイズできるプログラム「On SoundCloud」を2014年8月から開始しました。このプログラムには、世界的な大手音楽出版社のSony/ATVとBMGが参加しています。2015年3月にはこの「On SoundCloud」は権利関係者に毎月166,000ドルのロイヤリティを支払ってきていると順調な成長をアピールしていました。

SoundCloudは、登録ユーザー数2億5000人を超える巨大プラットフォームですが、2007年の開始以来、事業の収益化に苦戦してきました。これまで1億2330万ドル以上を投資家から集めてきましたが、黒字化できる戦略を打ち出せていません。さらに追い打ちをかけるかのように、SoundCloudユーザーが著作権に関係なく独自にアップしたミックスやリミックス、リエディットなど、楽曲に対する訴訟の可能性が常につきまとっていることはSoundCloudがいくら資金を調達しても拭えない不安となっており、買収の対象としても厳しい目を向けられています。

SoundCloudは事業の黒字化を目指して、広告モデルの導入、さらには年内にサブスクリプション型サービスの開始を目指していると噂されています。

SoundCloudとの契約においてユニバーサルミュージックは株式の譲渡(ワーナーの5%を超える比率)、さらには将来のサブスクリプション型サービスにおけるギャランティーを、契約締結の条件として提示しているとレポートでは伝えられています。情報筋によれば「ユニバーサルミュージックは訴訟を起こすことも可能性として残しており、また交渉のテーブルから去ってSoundCloudが消滅するのをただ見ていることもできる」と述べているほど、交渉の手綱を握っているのは、レーベル側のようです。

ここで重要になってくるのが、SoundCloudのサブスク型サービスです。現状SoundCloudがレーベルに示せる大きなマネタイゼーションのメリットは前述の「On SoundCloud」のみで、すでに契約しているのは、ワーナーミュージックだけという現状です。さらなる収益源としての機会を提示できるためにもSoundCloudはサブスクリプション型サービスを必要としていると言えます。これまで無料で利用できたSoundCloudが、ビジネス的な理由で有料化もしくは制限がかかることになれば、世界中のユーザーはどんなリアクションを取るのでしょうか?

■記事元http://jaykogami.com/2015/08/11889.html

記事提供All Digital Music

Jay Kogami(ジェイ・コウガミ)
プロフィール
Twitter
Facebook

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP