ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

紅茶のリプトンに「ミル挽き茶葉入り」で香り豊かな、スティックタイプの本格的ミルクティー登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫


秋になると、濃厚なミルクティーが飲みたくなる。今はカフェオレやミルクティーにもスティックタイプのものがあり、お湯を沸かせばすぐに美味しく頂けるようになった。

ユニリーバ・ジャパンが展開する紅茶ブランド「リプトン」は、厳選された茶葉のみを使用するプレミアムブランド「サー・トーマス・リプトン」から、パウダースティックタイプのミルクティーシリーズを9月1日より新発売する。

「サー・トーマス・リプトン」のパウダースティックタイプ・ミルクティーの特長は、ミル挽きされた本物の茶葉を使用しているところ。茶葉の味わいと香りが、手軽に味わえる。

フレーバーは、ベルガモットの上品な香りの「アールグレイミルクティーパウダー」、紅茶のリッチな香りが気分を明るく前向きにする「イングリッシュブレックファストミルクティーパウダー」、シナモンとジンジャーのスパイシーさがコクある紅茶にマッチしたエキゾチックな「チャイミルクティーパウダー」の3種類。1箱に4本入りとなる。

忙しいときや、手をかけずに美味しいものが頂きたいときに嬉しい「サー・トーマス・リプトン」のパウダースティックタイプのミルクティーシリーズを、ホッと一息つくリラックスタイムのためにオフィスやご家庭に常備しておけば、極上のひと時を味わえそうだ。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。