ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

北京の中国人シェフ 大きくて身が詰まった京野菜賀茂なすに驚嘆

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今年6月21日、JAグループ京都が中国・北京で開催した『京野菜を使った大晩餐会』。晩餐会の料理は、中国と日本のトップシェフにより、京野菜を使った日本料理と中華料理の特別コースがふるまわれた。

 日本側はフランス、トルコに続いて3回目となる京都の老舗料亭『美濃吉本店竹茂楼』調理総支配人の佐竹洋治さんと、京料理『たん熊北店』三代目主人の栗栖正博さんが担当した。

「中国人シェフたちは、賀茂なすに衝撃を受けていましたね。大きさにも驚いていましたが、半分に切った賀茂なすを見て驚嘆したのです。中国のなすは中身がスポンジみたいにやわらかいのですが、賀茂なすはしっかりと身が詰まっている。もちろん、田楽にした味も食べ応えがあってすばらしいと。こんななすの実は、世界中で賀茂なすだけですから」(佐竹さん)

 中国側から参加した北京ダックの有名店『全聚徳』のシェフは、臭みがなく独特の甘さの味がある九条ねぎを春巻の具に使い、長ねぎの代わりにさまざまな料理に使ってみたいと興味を示した。

 今回、JA京都中央会の中川泰宏会長は中国の農業部で講演も行った。各地から参加した農業部の責任者たちは、日本のJAの仕組みや現状について熱心に聞き入り、講演終了後は質疑応答が続いた。

「驚いたのは、中国の多くの人たちが日本の野菜について興味を持っていて、私たちにいろいろ聞いてくることです。スーパーでは、ごぼう、きゅうり、にんじんとひらがなの表示がされて、日本産ではないのに日本産かと思わせるようなディスプレーで売られていました(笑い)。中国の人たちは、いいものは高くても買ってくれる。京野菜は必ず、中国で受け入れられるはずです。中国人口13億人の1%でも京野菜を食べてくれたら、うれしい限り」

 中川会長は、一昨年はフランスのベルサイユ宮殿、昨年はトルコのトプカプ宮殿で同様の晩餐会を開いている。海外に京野菜を紹介する活動に力を入れていく先には、京野菜を世界から求められる輸出品としていくという夢がある。そして、もう京都では“輸出できる京野菜”を作っていく動きが始まっている。

『ふるさと農園』代表の古里治彦さんは、それを担っている1人だ。かつてはパート2人を雇用して果菜類を栽培していたが、15年ほど前に小松菜、さらに7年前に九条ねぎを加えた栽培に切り替え、今では12人を雇って、九条ねぎ5ヘクタール、小松菜1ヘクタールの畑で生産量を増やしている。

「規模を拡大して栽培すると機械化ができ、同じ商品を作ることでコストが下がり、年中出荷できるために収入も安定します。農家ではなく、農業という職業を成立させることが大切だと思います」(古里さん)

※女性セブン2015年9月3日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
北京で京野菜晩餐会開催 日本野菜持ち込みは当初困難だった
野菜素揚げが居酒屋や菓子市場で人気 ベジップスは32億円達成
保存工夫が必要な野菜 もやしは袋を開けて冷蔵室にそのまま

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP