ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

太らぬ体作りや老化防止も 「第三のミルク」の効能を解説

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「肌がきれいになった!」「疲れにくくなった!」「便通が改善した!」――そうした声が愛用者から聞こえる、とある飲み物がブームの兆しをみせている。牛乳、豆乳に次ぐ第三のミルクといわれる、ライスミルク、アーモンドミルク、ココナッツミルクだ。おやつ代わりに飲んだり、料理に取り入れたりと楽しみ方はさまざま。

 それぞれどんな特徴があるのだろうか。

【ライスミルク】

 ほんのりとした甘みと、とろっとした質感が特徴で、米食の日本人になじみやすい。やせやすい体作りやデトックス、ストレス解消に効果があるGABAという天然アミノ酸などの成分を多く含む。

 筑波大学 生命環境系教授の北村豊さんは言う。

「精白米から作ることもできますが、より栄養価が高い玄米で作ったほうがおすすめです。玄米には、炭水化物の分解を促すビタミンB1、体脂肪を燃やす働きをするB2、たんぱく質の分解・合成をサポートするB6など、ビタミンB群が豊富に含まれて、代謝をアップさせてくれるので、太らない体作りに役に立ちます。また、糖質の吸収速度と血糖値の上昇をゆるやかにし、便通を改善する水溶性食物繊維が、精白米の6倍含まれています」

【アーモンドミルク】

 アンチエイジング効果のあるビタミンEを多く含み、若々しい体作りにぴったり。ミランダ・カー(32才)、アン・ハサウェイ(32才)、グウィネス・パルトロウ(42才)らといったセレブが、その完璧なスタイルと美貌を保つため、こぞって愛飲しているという。

「主成分となるオレイン酸は、不飽和脂肪酸という種類の脂質です。血中の善玉コレステロールの値を上げて、悪玉コレステロールを下げる働きがあります。心筋梗塞や脳梗塞などのリスク軽減に役立つほか、くすみや肌荒れ予防にもつながります。オレイン酸は加熱しても栄養成分が壊れにくいので、スープなどの料理に加えることができます。

 老化を防ぐ、抗酸化作用のあるビタミンEも豊富です。がんや心臓病などの病気から身を守るほか、血行をよくし、代謝の促進や冷えの改善にもつながります。

 そのほか健康維持に欠かせない、カルシウム、亜鉛、鉄、マグネシウムといったミネラルも含んでいます」(慶応大学医学部教授の井上浩義さん)

【ココナッツミルク】

 ココナッツの白い胚乳部分をすりおろし、水を加えて漉して絞って作る。脂肪の燃焼や食欲の抑制、疲労回復、認知症予防に役立つ中鎖脂肪酸などの成分を含むという。

「中鎖脂肪酸は脂肪がたまりにくくなるほか、疲労回復時に向いています。さらに、糖質を控えた上で中鎖脂肪酸を摂取すると、ケトン体を作り出します。ケトン体は体に蓄積されると空腹を感じにくくなるので、太りにくい体作りのサポートとなるでしょう。脳のエネルギー源にもなり、認知症の予防や改善に効果があるとされています」(井上さん)

 毎日の食生活に補助的に取り入れ、いつまでも若々しく元気で美しい体をめざそう。

※女性セブン2015年9月3日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
「第3のミルク」として注目のライスミルクとアーモンドミルク
太りにくい体を作る食事法「最初に5分かけて野菜を食べる」
喫茶店の常温ミルクパック 高カロリー植物油脂原料で腐らず

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP