ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

心霊番組などでとり憑いた霊に同調し涙流すのは危険と除霊師

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「よく霊に遭遇する人は、心を強く持たないと、悪い霊に憑かれやすくなってしまいます」とは、霊能力者で除霊師の伽羅(きゃら)さん。伽羅さんからの除霊アドバイスをお届けしよう。

 霊に遭遇した場合、「怖がらないことが大切」と伽羅さんは語る。

「霊には本来行くべき場所がある。“ここはあなたの世界じゃありませんよ”という意志をしっかり持って、気持ちで負けないこと。心が負けると憑かれやすくなります」(伽羅さん、「」内以下同)

 とはいえ、金縛りにあって首でも絞められたら、恐怖でパニックを起こしそうだが…。

「恐怖に心を奪われ、パニックに陥るのは禁物。金縛りにかかったら、とにかく全力で抵抗すること。怖がったりや憎んだり、そして霊に同調してもいけません」

 心霊番組などで、とり憑いた霊に同調して涙を流すタレントがいるが、あれは危険なこと。心の隙を見せると、体を乗っ取られることだってあるのだそう。

「金縛りを解くには、まず落ち着いて、自分が輝く太陽になったようなイメージか、霊との間に金色のカーテンを敷いたようなイメージを持ちましょう。そして、体が自由になったら、すぐに気持ちを明るく切り替えること」

 漫画を読んだり、明るい音楽をかけたり、お笑い番組をつけるのも効果的。生きている自分のほうが強いのだと自信を持つことが大切なのだ。

※女性セブン2015年9月3日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
金縛り原因や理想睡眠時間など睡眠に関する疑問を解説した本
首相公邸幽霊騒動 歴代首相も恐怖体験、小泉氏はお祓いも
女子ジャンプの高梨沙羅 中学卒業後半年で大検に合格した

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。