ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

inindigo la End「雫に恋して」MV公開、悲しい恋物語を川谷絵音と小島藤子が熱演

DATE:
  • ガジェット通信を≫

indigo la Endが、9月16日に発売する初の両A面シングル収録「雫に恋して」のミュージックビデオを公開した。

本作品の中では、ジャケット写真にも登場した女優の小島藤子が出演。川谷絵音(Vo/Gt)との過去~現在の時間軸の中で描かれる切ない恋路を熱演している。

楽曲が持つ切なさと温かさが絶妙に入り混じる感情と、エモーショナルな演奏の中に感じられる繊細な描写をMVで表現する上で、細部の演出まで細かく拘り、かつリアリティーたっぷりに描き、何度も見返したくなるような作品に仕上がっている。

過去のTシャツをはじめとする物販商品やポスターもリアリティーを保つために効果的に使われ、時間軸をきちんと描く為に、数度に渡っておこなわれている衣装チェンジを行い、撮影場所もindigo la Endがインディーズ時代に何度も出演し、非常になじみの深いライブハウス「下北沢ERA」のスペースを使って撮影された。

また、各CDショップでの先着購入特典(対象店舗別)が“クリアしおり”に決定、並びに9月1日から全国のCDショップで楽曲の先行試聴が行われることになった。

indigo la End:川谷絵音(Vo/Gt)コメント
今回のMVはインディゴの歴史と共に曲を描く、今までで一番リアルなMVです。それだけに切ない。何より小島藤子さんの熱演に助けられて僕も演技が出来ました。あとはエキストラをやってくれたファンの皆さんや下北沢ERAの店長の熱演もあって素晴らしい映像になったと思います。何回も見て欲しい作品です。

小島藤子コメント
撮影中もメンバーの皆さんとファンの皆さんの想いが伝わってくるようなとても心地良い撮影現場でした。その強い想いをのせてキャスト、スタッフ全員で創り上げたMVです。切なく優しい歌声、どっしりと芯のある演奏と共に是非たくさんの方に見て頂けると嬉しいです。

MV監督 岡田文章コメント
企画打ち合わせで、いちばん悲しい別れ方、別れる理由ってなんだろう、という 話になりました。相手のことを思って自ら身を引く、愛してるが故に別れる、という理不尽な閉じ方が一番悲しいんじゃないかと。相手を思ったまま別れた二人が、再び出会ったとき、どうなるのか。「雫に恋して」ではまず、その再会を、描いてみました。

indigo la End – 雫に恋して

リリース情報

両A面シングル「雫に恋して/忘れて花束」
2015年9月16日(水)発売
WPCL-12230 1,200円+税
特典:初回プレス分のみ “Newロゴ ステッカー”封入
<収録曲>
M1「雫に恋して」
M2「忘れて花束」
M3「夢のあとから」
<CDショップ先着購入特典:クリアしおり>
・TOWER RECORDS:クリアしおり(TOWER RECORDS ver.)
・HMV/Loppi:クリアしおり(HMV/Loppi ver.)
・TSUTAYA RECORDS:クリアしおり(TSUTAYA RECORDS ver.) ※一部店舗を除く。オンラインは予約分のみ
※特典は無くなり次第終了となります。
※一部お取扱いの無い店舗等もございますので、詳しくはお近くの店舗(および ネットショッピングサイト)へお問い合わせ下さい
9月1日(火)~全国CDショップでの楽曲先行試聴開始
実施期間:9月1日(火)~9月14日(月)
先行試聴楽曲:「雫に恋して」/「忘れて花束」/「夢のあとから」
※実施店舗はオフィシャルホームページ、ワーナーミュージック・ジャパン ホームページをご確認ください。

関連リンク

■indigo la End オフィシャルサイトhttp://indigolaend.com
indigo la End レーベルサイトhttp://wmg.jp/artist/indigolaend/
■indigo la End オフィシャルYouTube Channelhttps://www.youtube.com/c/indigo_la_End
■indigo la End オフィシャルモバイルFC「indigoる」http://sp.indigolaend.com/(スマートフォン専用)

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP