ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

表現の枠を超え続ける、3Dプロジェクションマッピングの仕掛け人

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE平日(月~木)夕方の番組「KIRIN ICHIBAN SHIBORI ONE AND ONLY」(ナビゲーター:ジョン・カビラ)。
8月24日~27日のオンエアでは、東京駅のプロジェクションマッピングの仕掛け人、
株式会社NAKED代表で、クリエイターの村松亮太郎さんがゲストに登場します。

2012年冬、東京駅の3Dプロジェクションマッピングで、スクリーンの枠を取っ払い、
表現の世界を一変させた村松さん。その東京駅を皮切りに、星野リゾートや新江ノ島水族館など、
意外な風景とコラボさせた3Dプロジェクションマッピングで、観た人に感動を届け続けています。
今月は、渋谷ヒカリエで「CITY LIGHT FANTASIA by NAKED」を開催。夜景を望む窓ガラスに3D映像を投影し、
現実とファンタジーを融合させた世界が繰り広げられます。

オンエアでは、誰もやってこなかった表現法で挑戦し続ける、村松さんの意外な素顔に迫ります。
たとえば・・・。

1例 3Dプロジェクションマッピングの演出家として、一躍脚光を浴びることになった村松さんですが、
実はこの東京駅での演出が、3Dプロジェクションマッピングのほぼ初めての作品だったのだとか。その舞台裏を聞きました。

2例 村松さんが最初に就いた職業は俳優でした。俳優になるきっかけとなったのは、
高校のとき出会った1作の映画。映画タイトルを聞いたナビゲーターのジョン・カビラさんに驚かれ、
「僕、実はものすごく暗いんですよ」と告白する村松さん。一体どんな映画だったのでしょう。

3例 俳優だった村松さんは、クリエイターとしてのキャリアは全くのゼロながら、会社をスタートさせます。
初めての飛び込みで、大きな仕事をつかんでいきますが。多くのライバルから抜きん出て、仕事をつかんできた秘策とは?

4例 次々と、クリエイティブな表現で街を塗り替えていく村松さん。どこからアイディアが湧いてくるのかと聞かれると、
「私はジュースを作るミキサーみたいなもの」と答えています。その真意とは?

5例 プライベートと仕事との境目がないという村松さん。家族でハワイに行けば、
ロケハンを優先させるので、奥さんには、「あなたと行くのは嫌」と言われているのだそう。村松さんの言い分とは?

村松さんの考えるクリエイティブの意味や、意外な素顔が垣間見られる4日間、お聞き逃しなく!

【関連サイト】 「KIRIN ICHIBAN SHIBORI ONE AND ONLY」
オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/oneandonly/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP