ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

【検証】翻訳機能付きペンスキャナーは、文章をどこまで即座にテキスト化できるか!?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

本や雑誌、資料などに目を通していると、書いてある文章をそのままテキストとしてデータ保存したり、編集したい場面が出てくるだろう。そんなときに便利なのが、読み取った文章を即座にテキスト化してくれる「WorldPenScan X」だ。

スキャナー機能を持つペンタイプの同製品。内部にBluetooth機能を搭載しており、読み取ったデータをペアリングしたデバイスにワイヤレスで送信してくれるという。

またこの製品、辞書機能を搭載しているうえに、他言語への変換機能も兼ね備えている。パソコンのソフトでは193カ国語に対応し、アプリでは28カ国語を読み取り、59カ国語への翻訳が可能。しかも、そのうち41言語については音声朗読もしてくれるという。要するに、自動翻訳をその場でしてくれる優れものというわけだ!

異文化交流が盛んなご時世、このアイテムを使ってみないわけにはいかないだろう。そこで、実際にこの製品を購入し、使ってみた!

さっそく開封。箱の中に入っているのは、本体、キャップ、パソコンソフトダウンロード用のCD。本体を取り出して持ってみると非常に軽いことが分かる。わずか35グラムというから驚きだ。これなら持ち運びにも便利そう。続いて、専用ソフトとアプリをパソコンとスマートフォンにそれぞれダウンロード。これで準備はすべて整った。

ではさっそく使ってみよう! まずはパソコンから。使い方はとても簡単で、テキスト化したい文章をペンスキャナーで読み取るだけ。パソコンの場合、ダウンロードしたソフトを立ち上げておくだけで、自動でワードに反映される。読み取りの精度は高く、読み込み間違いはなかった。気になる読み込みスピードだが、説明書には「約5秒」と書かれているが、1秒もかからないくらいのスピードで反映された。この速さには正直驚かされた。

続いてスマートフォン。こちらはBluetoothに対応しているので、ワイヤレスで使用できる。コードがない分、ストレスなく使えるのが嬉しい。読み取り精度・スピードは、パソコンと同じくらいだ。読み込んだテキストデータは、もちろんそのままメール送信できたり、SNSなどでも共有できる。

最後に他言語への変換を行ってみた。さすがにこれは読み込みスピードが遅くなるはずと思ったが、そのスピードは日本語でテキスト化したのと変わらず、あっという間に英語の文章に変換された。これはかなり実用的な商品だ。

いかがだっただろうか。ほかにも同製品には、辞書機能や朗読機能も搭載されているので、勉強などにも大いに役立ちそうだ。文章を即座にテキスト化することで仕事の効率が上がること間違いなし。海外旅行時に便利なうえ、日本で訪日外国人の道案内もできるかもしれない。対応するデバイスは、パソコンはWindows8.1、8、7、Vista、XP SP3、Mac OS X 10.6.8以降。スマートフォンは、iOS7以降とAndroid4.3以降のもので、価格は22,800円。オフィスにひとつあれば便利そうだ。

関連リンク

WorldPenScan X

TIME & SPACEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。